サン・スター株式会社 > サン・スター株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 初心者が特に気をつけたい土地購入契約の流れと注意点をご紹介

初心者が特に気をつけたい土地購入契約の流れと注意点をご紹介

≪ 前へ|自然・子育て・住みやすさが共存する霧島市   記事一覧   姶良市の子育てファミリーにとって住みやすいポイントをご紹介!|次へ ≫
カテゴリ:「土地売買」のプロとして

マイホームを建てるなら気に入った土地に建てたいですよね。

 

もし土地購入から行いたい場合は、物件購入にはない流れや手続き、契約や注意点があるので、確認しましょう。

 

ここでは土地購入の流れと手続きの中での注意点をご紹介します。


土地購入の流れ

 

土地購入の流れ①:購入の意思表示をする買付証明書の提出


土地購入を行うにあたり、まず初めに買付証明書の提出です。

 

この行為がいわゆる買い付けです。

 

売主に対して土地購入の意思表示をするもので、法的拘束力はありませんが、購入希望金額などを提示でき、条件が合致すれば土地を購入できる権利を得ることができます。

 

不動産会社などをはさむ場合は、証明書を提出する前に、販売図面を見せてもらいましょう。

 

あらかじめ、隣地所有者に反社会勢力やそれに準ずる団体、法人の登記はないか、また、登記がしっかり売主となっているか、実際の土地と図面にずれはないかなどを確認してください。


土地購入の流れ②:売買契約の前に重要事項説明


住宅ローンなどを組み(土地そのものに融資は受けられませんが、土地と建物で住宅ローンを組み、土地に対して先行融資が可能です)、売買契約を進める前に重要事項説明が必要になります。

 

これは法律上、契約の前に宅地建物取引業者が不動産の重要事項を書面で交付し、説明するよう義務付けられているためです。

 

重要事項説明では、登記簿記載事項、法律に基づく土地の制限、代金授受について、契約解除などの事項が説明されます。

 

書面で交付されるので、コピーを重要事項説明の前にしっかり読み理解しておきましょう。

 

質問事項などをまとめておくと売買契約がスムーズに運ぶはずです。

 

また、このタイミングで聞いていなかった内容が盛り込まれることもあるため、注意が必要です。

 

特に未登記に関わる費用や、隣地との境界の取り決めがしっかり話し合われていない場合、懸念点をなくすようにきっちりと交渉などを行うことが重要です。

 

土地購入の流れ③:引渡までは土地購入を考える最後のタイミング


上記の流れで引渡となります。

 

引渡まではまだ土地購入を引き返せるタイミングです。

 

もしどうしても懸念点がぬぐえず、契約解除したい場合は、手付金を放棄することで解除できます。

 

しっかり重要事項説明や実際の土地、金額を考慮し、適切な土地購入を行ってください。

 

土地購入の流れ④:引渡時は所有権移転の手続きが行われる


いざ引渡時になると、売主から買主へ所有権移転の手続きが行われます。

 

手続きでは、住民票や本人確認書類、認め印が必要になり、手数料などは司法書士などの専門家に払うもの、登録免許税などがあります。

 

引渡は個人でもできますが、よほど詳しくない限り、専門家にすべて任せることがおすすめです。

 

まとめ


いかがでしたでしょうか?

土地購入の流れや注意点は、購入の意思表示をはじめ、重要事項説明、引渡など通常不動産会社が行っているようなことをすることになります。

 

その変わり、自分の気に入った土地を手に入れることができることが醍醐味なので、ぜひ参考にしてみてください。

 

私たちサン・スター株式会社は不動産売買の情報を多数取り扱っておりますので、ご相談などがございましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

≪ 前へ|自然・子育て・住みやすさが共存する霧島市   記事一覧   姶良市の子育てファミリーにとって住みやすいポイントをご紹介!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る