サン・スター株式会社 > サン・スター株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 土地を買って家を建てるときの探し方の注意点

土地を買って家を建てるときの探し方の注意点

≪ 前へ|ふるさと移住定住促進事業を行う姶良市の助成金について   記事一覧   不整形地の住まいはどうなの?土地の形を生かした家造りとは |次へ ≫
カテゴリ:「土地売買」のプロとして

土地を買って家を建てると考えている方も多いと思いますが、いざ土地を購入するときにどんなことに注意しなくてはならないのでしょうか?

 

いい土地を見つけたけど希望の間取りが入らないことや、予算内だけれども土地が相場に比べて高いことなど色々と問題が発生します。

 

そうならないために、土地の探し方の注意点をあらかじめ押さえておきましょう。


土地の探し方


土地の探し方の前に自分の希望をまとめよう


土地を買って家を建てるときにそもそもどんなお家に住みたいのか、具体的なイメージはできているでしょうか。

 

明るくて、広くて、収納が沢山あって、のような抽象的なイメージではなく、具体的にリビングは何帖、部屋は何室という数値です。

 

そして最寄り駅、駅までの距離、通勤時間、車の台数、学校までの距離や周辺施設の有無などどれくらいなら良いのか、優先順位をつけましょう。

 

全てを叶えられれば良いですが、そういうことはなかなかありませんので、自分の予算と照らし合わせて、希望の取捨選択が必要です。

 

土地の探し方と相場の調べ方


通常、土地を買うときに最初にすることは情報収集で、インターネットや近くの不動産業者を回って土地の情報を集めます。

 

相場も同じく、インターネットの不動産ポータルサイトを利用したり、国土交通省の土地総合情報システムを利用して、取引事例を確認するのもいいでしょう。

 

土地を探すのに住宅展示場を見るのも悪くはありませんが、どちらかと言うと、土地は不動産業者の方が情報を多く持っています。

 

また、実際に希望のエリアを見て回るのも一つの方法です。

 

未公開物件など広く情報が出回っていない物件も見つかるかもしれませんよ!

 

多くの物件を比較することは相場観も養われますので、気になった情報はできるだけ現地に行って自分の目で確認したいですね。

 

土地の探し方の注意点


土地を購入して家を建てる場合、必ず気にしなくてはならないのは道路と土地の関係性です。

 

道路に対して2メートル以上土地が接していないと、車の駐車どころか法的に建物を建てることができません。

 

また、道路より土地の地盤面が高い、または低いときも注意しないと高低差の解消のために希望の間取りが入らないことがあります。

 

建ぺい率、容積率などは入る間取りの大きさに大きな影響をもたらしますので、当然のように注意しておきたいですね。

 

まとめ


土地を購入して家を建てる場合、何より自分自身の希望を明確にすることが大切です。

 

探し方はインターネットや不動産業者を利用し、時には自分の足で土地を見て回ることにより相場観も養うことができ、いい土地を見つける力が付きます。

 

希望の間取りを入れるためには道路と土地の関係性や、法令上の制限などきちんと確認して、希望通りのマイホームを手に入れたいですね。

 

私たち土地売買専門のサン・スター株式会社は不動産売買情報を多数取り扱っております。

 

土地購入についてご相談などがございましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください

≪ 前へ|ふるさと移住定住促進事業を行う姶良市の助成金について   記事一覧   不整形地の住まいはどうなの?土地の形を生かした家造りとは |次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る