サン・スター株式会社 > サン・スター株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 土地購入で気になる方角!東西南北のメリットデメリット

土地購入で気になる方角!東西南北のメリットデメリット

≪ 前へ|鹿児島県・霧島市のおすすめの公園とは?景色がきれいな公園など3つご紹介   記事一覧   ふるさと移住定住促進事業を行う姶良市の助成金について|次へ ≫
カテゴリ:「土地売買」のプロとして

土地購入の際、土地のよしあしを判断する基準のひとつとして方角を気にする方は多いでしょう。

 

方角によって家の住みやすさは変わるともいわれているため、購入した土地に住宅を建築するとなると、より土地の方角は気になるものです。

 

そこで今回は、土地購入を検討している方へ向けて、土地の方角についてご紹介します。


土地購入においての方角

 

土地購入において方角は住宅でカバーできる


まず初めに、土地購入で気になる方角ですが、住宅の設計や性能で土地のデメリットは十分にカバーすることが可能です。

 

基本的に人気のある方角の土地は価格が高く、人気の少ない土地は価格が低くなる傾向があります。

 

あえて低価格帯の不人気な土地を購入し、浮いた費用を住宅にあてるという方法もありますので、デメリットの多い方角の土地も含めて、柔軟な思考で土地選びを進めてみてください。

 

土地購入の前に知っておこう!各方角のメリットデメリット


方角におけるメリットデメリットを把握し、土地購入に活かしましょう。

 

以下、隣接する道路に面する向き=各方角として解説していきます。

 

▼東向きのメリットデメリット


東向きの土地は、朝日がたっぷり入るので気持ちの良い一日をスタートできるでしょう。

 

気温が上がる時間帯になると日差しの入りが和らぐため、夏でも比較的涼しく過ごすことができます。

 

また、人気の高い南向きの土地よりも安価に購入できるため、価格を抑えて土地購入をしたい方にもおすすめです。

 

その一方で、午後から日当たりがなくなるので暗くなりがちです。

 

▼西向きのメリットデメリット


東向きの土地とは反対に、午後から日が沈むまで日が差し込むのが特徴です。

 

長時間の日差しが差し込むため、寒い日でも心地よい暖かさを感じられるでしょう。

 

また、東向きの土地よりも安く販売されているケースが多いのもメリットのひとつといえます。

 

しかし、西日によって夏は暑さが気になるでしょうが、断熱・遮断の性能を高めたり、すだれなどの日差しを遮るものを設置したりすれば、そこまで気にはならないでしょう。

 

▼南向きのメリットデメリット


窓や庭の配置がしやすく、日当たりのよい南側にリビングやダイニングを設置すれば、外観の美しい住宅を建築できます。

 

その一方で、暮らしに快適な位置が玄関スペースになることも多く、南側に洗濯物を干す場合は外からの視線が気になるかもしれません。

 

この他、南に面した土地は人気が高いため価格も高いのが難点です。

 

▼北向きのメリットデメリット


同じ面積でも土地の価格が低い傾向です。

 

リビングは南向きに設けることが多いため、北向きは外からの視線が気にならない位置に家族の憩いスペースを作ることができます。

 

住宅の北側に水回りや玄関、南側へリビングダイニングなどを配置すれば、明るく快適な住環境になりそうです。

 

住宅の正面を北と考えた際、外観のデザインが乏しくなる可能性があります。

 

まとめ


方角は土地購入時のポイントになりますが、土地だけで判断するのではなく、住宅の設計をセットで購入を考えるのがおすすめです。

 

東西南北の向きに固執するのではなく、土地を活かして設計すれば、きっと素敵なマイホームを作れるはずですよ。

 

サン・スター株式会社は、姶良市と霧島市の土地売買を専門に行っています。

 

土地購入についてご質問等がありましたら、お気軽に当社へご相談ください

≪ 前へ|鹿児島県・霧島市のおすすめの公園とは?景色がきれいな公園など3つご紹介   記事一覧   ふるさと移住定住促進事業を行う姶良市の助成金について|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る