サン・スター株式会社 > サン・スター株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 土地の容積率とは?知らないと思ったより狭い家になる可能性も!

土地の容積率とは?知らないと思ったより狭い家になる可能性も!

≪ 前へ|個性的で眺望もばつぐん!姶良市のおすすめの公園3つ   記事一覧   住みやすい街として人気の霧島市!豊かな自然環境で子育てにも最適|次へ ≫
カテゴリ:「土地売買」のプロとして

土地の購入を考えている人は、そのエリアに住む人たちの快適さを確保するために、さまざまな規制があることを知っておくと、いざどんな建物を建てるかを考えるときに有利でしょう。

 

とくに、どれだけの規模の建物を建てられるかを定めた基準「容積率」は、知っておくと有利であるどころか、知らないと想定していたよりも狭い家しか建てられないといったケースを招く可能性も。

 

そこで、土地を購入するならぜひ知っておきたい、容積率とその計算方法などについてお伝えします。


土地の容積率

 

土地の容積率とは?


容積率とは、「敷地面積に対する延べ床面積(それぞれの階の床面積の合計)の割合」のこと。

 

敷地面積に対してどれだけの規模の建物を建てられるかを定めて、そのエリアのインフラに見合った人口バランスと市街地の環境を保つことを目的にしています。

 

土地の容積率の計算方法


容積率の計算方法とは、「敷地面積÷延べ床面積×100」です。

 

100平方メートルの敷地に、1階の床面積が50平方メートル、2階の床面積が30平方メートルの一戸建てを建てたときを考えてみましょう。

 

計算式は下記のとおりです。

 

1階:50平方メートル+2階:30平方メートル)÷敷地面積100平方メートル×100=容積率80

 

よって、この一戸建ての容積率は80%ということになります。

 

また、市町村によって何%までの容積率にとどめなければいけないかが決まっていますが、建物の前にある道路の幅によっても変わってきます。

 

たとえば、容積率は200%までOKだとしているエリアでも、前にある道路の幅によっては、それより小さい160%までに容積率を抑えなければいけないケースもあるのです。

 

前にある道路の幅が12メートル未満の場合は「前面道路の幅×0.4(住居系用途地域の場合)×100%=容積率」という計算式を使えば、その道路の前に何%までの容積率の建物を建ててよいか計算できるので、あらかじめざっくり計算しておくのもアリでしょう。

 

土地の容積率の計算で緩和されるケースとは


ちなみに、延べ床面積はそれぞれの階の床面積を合わせた面積ですが、玄関、ベランダ、ロフトなどは延べ床面積に含まれません。

 

さらに、地下室は床面積の3分の1まで、ビルトインガレージは床面積の5分の1までは、延べ床面積として計算しなくてよい緩和措置もあります。

 

土地の面積が狭い場合は、これらの容積率緩和措置を活用すると、より広い家を建てられることにつながります。

 

まとめ


容積率とは、どれくらいの規模の建物を建てられるかを左右する大切な基準です。

 

容積率のことを知らずに土地を購入してしまうと、思っていたよりも狭い家しか建てられなかったという結果にもなりかねません。

 

後悔しないためにも、容積率という基準があるということを知った上で、土地の購入を進めるようにしてくださいね。

 

サン・スター株式会社は、姶良市・霧島市の「土地売買専門」不動産会社です。

 

土地購入でお悩みでしたら、まずはお気軽にご来店ください。

≪ 前へ|個性的で眺望もばつぐん!姶良市のおすすめの公園3つ   記事一覧   住みやすい街として人気の霧島市!豊かな自然環境で子育てにも最適|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る