サン・スター株式会社 > サン・スター株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 霧島市の子育て支援のための助成金や子ども手当について

霧島市の子育て支援のための助成金や子ども手当について

≪ 前へ|土地の建ぺい率とはなんなのか!その計算方法や用途地域を紹介   記事一覧   霧島市ふるさと創生移住定住促進制度は2019年11月終了!申請はお早めに|次へ ≫
カテゴリ:姶良市・霧島市について

マイホームを購入するということはその土地で長い年月を過ごすということになります。

 

そのため、お子さんがおられる家庭にとって子育てがしやすい環境かどうかということは重要な事だと思います。

 

今回は霧島市の子育て助成金や子ども手当など、子育てを市が補助してくれる様々な制度について紹介していきます。


霧島市の助成金

 

霧島市の助成金①児童手当


霧島市には、0歳から中学卒業まで児童手当が支給される制度があります。

 

子ども一人につき月額0歳~3歳までは15,000円、3歳~小学校卒業までは10,000円(第3子以降は15,000円)、中学生は10,000円とされており、支給月は2月・6月・10月の各6日で、3回に分けて4か月分をまとめて支給されます。

 

3子以降とは18歳になった日以後の最初の331日までの間にある子から数えられます。

 

そのため、20歳・11歳・0歳といった年の離れた兄弟である場合は3人兄弟であっても第3子としてカウントされない場合があります。

 

また子ども手当を受けることのできる家庭には、前年末現在の扶養親族等の数毎に所得制限があり、0人は622万円、1人は660万円、2人は698万円、3人は736万円、4人は774万円、5人は812万円となっています。

 

霧島市の助成金②子ども医療費助成


霧島市には、子どもが生まれてから中学卒業まで、医療費の自己負担額を助成してくれる制度があります。

 

具体的には、未就学児の場合は保険診療による自己負担額を全額補助、小中学生は保険診療による自己負担額の月合計から最大2,000円まで助成してくれます。

 

また小中学生の場合でも、市町村民税非課税世帯に関しては、全額助成してくれます。

 

霧島市の助成金③特別児童扶養手当


特別児童扶養手当は、20歳未満の重度・中度の障害を持つ両親、または両親に代わって若くして児童を養育している方に対して支払われる手当です。

 

重度の障害を持つ子供の場合は1級と呼ばれ月額51,700円、中度の障害を持つ子供の場合は2級と呼ばれ月額34,430円支給されます。

 

手当は4月・8月・11月の11日に、3回に分けて4か月分をまとめて「県子ども課」から振り込まれます。

 

まとめ


霧島市が子育てをしやすいように、市をあげて協力をしています。

 

霧島市では他にも様々な取り組みをしていますので、是非市のサイトなどを見てどんな助成があるのかを探してみて下さい。

 

また助成制度を受けるには様々な条件や必要書類があるので、申し込みに行く際はしっかりと確認してから行くようにしましょう。

 

是非、市をあげて子育てを応援している霧島市で、マイホームの検討をしてみて下さい。

 

私たちサン・スター株式会社は、霧島市に関する不動産情報を多数取り扱っておりますので、何かご質問やご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

≪ 前へ|土地の建ぺい率とはなんなのか!その計算方法や用途地域を紹介   記事一覧   霧島市ふるさと創生移住定住促進制度は2019年11月終了!申請はお早めに|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る