サン・スター株式会社 > サン・スター株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 建築条件なしの土地とは?住宅建築におけるメリットとデメリットも確認!

建築条件なしの土地とは?住宅建築におけるメリットとデメリットも確認!

≪ 前へ|姶良市で有機農業を始めませんか?オーガニックアイラの魅力と取り組み   記事一覧   霧島市への移住で補助金が出る!内容やメリット・デメリットをご紹介!|次へ ≫
カテゴリ:「土地売買」のプロとして

建築条件なしや建築条件付きの土地は、新築一戸建てを購入するにあたり大きな差がでてきます。

 

そもそも「建築条件とは何ぞや?」という方もいるでしょう。

 

今回は、建築条件なしの土地とそのメリットデメリットについて解説しますので、マイホームを検討中の方はぜひ参考にしてくださいね。


土地


建築条件なしの土地とは?


建築条件なしの土地とは、自由に施工業者を選択できることを指します。

 

一方で建築条件付きの土地は、施工業者が決まっている土地のことを条件付きといいます。

 

主に土地を購入した業者が、土地と建物をセットで売るための条件を土地に課しているだけです。

 

つまり「建築条件」とは、どんな建物を建てられるのかなどの条件ではなく、「家を建てる施工業者の指定があるかどうか」の違いだと覚えておくと良いでしょう。

 

建築条件なしの土地のメリット


建築条件なしの土地のメリットは、施工業者を選べて、建築に関する自由度が高いことです。

 

施工業者によって住宅の工法や技術・センスは異なるので、間取りや内装などに強いこだわりをもつ方や好みの業者がある方などは、建築条件なしの土地が良いでしょう。

 

アフターサービスも建築後には欠かせないポイントになるので、信頼のおける業者との長いスパンでのお付き合いを考える必要もありますよ。

 

また、マイホーム検討に関して時間の縛りがないこともメリットです。

 

建築条件付きのように契約の期間が決まっていないので、納得のいくまでじっくりと住宅について考えられますよ。

 

建築条件なしの土地のデメリット


建築条件なしの土地のデメリットは、メリットでもある自由度の高さです。

 

新築一戸建て建築のすべてにおいて選択の自由があるので、決定事項が膨大な数になります。

 

こだわりが強く何でも自身で決定できる能力があれば問題ありませんが、取捨選択が苦手な方や優柔不断な方にはしんどい作業かもしれません。

 

また、土地と建物がセットになっていない分、建築条件付きの土地と比べると土地の価格が高い傾向もみられます。

 

ほかにも、自由だからとあれこれ選びすぎて、気付けば予算を大幅に超えてしまっている…なんてこともめずらしくありません。

 

本当に必要なものと妥協できるものの線引きをしっかり行い、途中経過の見積を出してもらうことで、予算オーバーの心配を軽減できますよ。

 

まとめ


建築条件なしの土地なら、施工業者を自由に選べます。

 

新築一戸建てを一からこと細かに決めていきたい方におすすめできる土地なので、こだわりが強く時間に余裕のある方におすすめです。

 

満足のいく住宅の建築を心より願っています!

 

サン・スター株式会社は、土地専門の売買を行なっております。

 

霧島市・姶良市でマイホームを建てるための土地をお探しの際は、ぜひ当社までご相談ください

≪ 前へ|姶良市で有機農業を始めませんか?オーガニックアイラの魅力と取り組み   記事一覧   霧島市への移住で補助金が出る!内容やメリット・デメリットをご紹介!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る