サン・スター株式会社 > サン・スター株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 土地の相続時に測量が必要になるのはどんなとき?

土地の相続時に測量が必要になるのはどんなとき?

≪ 前へ|土地の価格の種類や相場を知って土地の購入売却に役立てよう   記事一覧   霧島市の定住移住の促進制度って?空き家バンクやお試し滞在も!|次へ ≫
カテゴリ:「土地売買」のプロとして

遺産を相続する際、土地を受け継ぐこともありますね。

 

分割して相続する場合はもちろん、そのまま1人が相続する場合も測量が必要になることがあります。


相続した土地


分割相続:土地の相続で測量が必要になる場合


一つの土地を複数人で分けて相続する場合、分けたそれぞれについて地積測量図を作成する必要があります。

 

法務局へ、分割した土地をそれぞれが単独の相続人として申請する分筆登記申請書に、地積測量図の添付が必要だからです。

 

※地積…面積のこと

 

地積測量図には、土地の所在を示す住所や地番、作成者である土地家屋調査士などの名も記載されます。

 

そして、測量の結果や境界標の位置、種類なども記載し、結果をまとめておくのです。


1カ所だけの土地の相続も測量が必要?


分割して分ける予定がなく、ひとりで相続する場合も地積測量図が必要になることがあります。

 

数十年地積更正が行われていないと、境界の曖昧な土地である可能性があります。

 

そうなると、隣地との境界も曖昧であるため、あらためて調査しようとするとトラブルが起こることも。

 

また、相続税の評価は基本的に登記簿の面積から行われます。

 

登記簿の表示部に記載された地積と、実際に測量した面積(実測面積)が異なるのは実は珍しいことではありません。

 

不正確な相続税評価を避けるためにも、あらためて測量することをお勧めします。


相続後の土地を売却するために測量する場合


隣地との境界 が不明確な場合、売却しようとしてもなかなか買い手が付きませんし、売主には境界明示の義務もあります。

 

現状の面積、境界を明らかにするため、境界確定測量を行います。

 

相続税を不動産の物納で納める場合も、同様に行う必要があります。


土地の相続時に測量をする方法


では、実際に測量するといっても、どういう流れで行うのでしょうか。

 

測量を行い、公的な紙面に整え、登記まで行うのは国家資格の土地家屋調査士です。

 

土地家屋調査士は依頼を受けると、登記事項証明書や地積測量図はもちろん、必要があれば地図や航空写真、古地図などもあたり書類上で調査します。

 

その後、近隣への挨拶を済ませたのち、測量を実地で行います。

 

その結果と調査内容を合わせて図面を作成し、それを元に隣地所有者を集めて確認を行います。

 

不備がなければ、今後のために境界標を打つなどし、全ての関係者の承認を経ます。

 

境界調査から確定まではおよそ34か月が一般的ですが、トラブルなど紛争があると、裁判になったりするなど長期化の可能性もあります。

 

もし可能なら、生前に済ませておくと、親族内も近隣の方ともよりスムーズに進むケースもあります。


まとめ


相続にあたっては、実際に居住して次世代以降へ 繋ぐとしても、売却するにしても、測量を正確に行うことはとても大事なことです。

 

サン・スター株式会社は、姶良市・霧島市の土地を専門に扱う不動産会社です。

 

土地の売却査定も行っておりますので、まずはお気軽にご相談ください。
≪ 前へ|土地の価格の種類や相場を知って土地の購入売却に役立てよう   記事一覧   霧島市の定住移住の促進制度って?空き家バンクやお試し滞在も!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る