サン・スター株式会社 > サン・スター株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 絶対に失敗したくない土地探しを成功させるコツ

絶対に失敗したくない土地探しを成功させるコツ

≪ 前へ|土地の取得や不動産売買で必要な「登記事項証明書」とは   記事一覧   旗竿地とはどんな土地?そのメリットやデメリットを解説|次へ ≫
カテゴリ:「土地売買」のプロとして

理想のマイホームを建てるとき、土地探しは時間をかけて考える必要があります。

 

土地によって生活環境が大きく変わり、家のデザインや予算にも大きく影響します。

 

家族の暮らしに適した土地探しをするには、一体どんなコツがあるのでしょうか。


土地探しのコツ!

 

土地探しのコツ!予算と希望条件を考えよう


土地探しで失敗しないコツは、土地と建物の建設費用の割合を考えることです。

 

土地の予算は建物と比べてコストを削減しやすく、万が一予算オーバーしたときに建物のランクを下げる方法をとるよりも、あらかじめ土地を予算内で購入するほうが理想に近い家が建つからです。

 

内装の設備にかかる費用は割引されないので、想定していたものよりもランクを大幅に下げなくてはなりません。

 

それに比べて土地は100万円単位で値引きされることもありますので、土地のコストを削ることがコツです。

 

何が自分達の暮らしにとって欠かせない条件なのかを明確にすることが、土地探しで失敗しない方法です。

 

子どもが通う学校に近い土地、駅までの交通の利便性のよい土地、治安や日当たりのよい土地も人気の条件です。

 

そのためまずは、コストを決めたうえで譲れない条件に番号を振ってみるといいかもしれません。

 

そうすることですべての条件を満たすことは難しくても、より理想に近い家を建てることができます。

 

不動産会社に依頼するときに失敗しない土地探しのコツ!


土地探しをするには、不動産業者かハウスメーカーに相談することが一般的ですが、その他にも自分で気になる土地を歩いてみたり、インターネットで探したりする方法もあります。

 

不動産会社は土地の販売に特化しており、インターネットや広告に載っていない未公開情報も紹介してくれます。

 

新着の土地情報や好条件の物件も紹介してもらえますが、土地を売ることが目的のため、家の建設予算との兼ね合いは自分で考えなければなりません。

 

ハウスメーカーや工務店では、家が建つまでの予算を含めて相談ができますが、大手不動産会社と比べると土地の情報は少ないといえます。

 

そのため、各不動産会社を回って土地の値段や条件を比較してみてはいかがでしょうか。

 

後悔しない土地探しのコツは用途地域や周辺状況を知ること


地域ごとに建物の高さや建ぺい率や容積率、斜線規制などの制限は用途地域によって異なります。

 

建設してから隣に家が建ってしまって南側が日陰になってしまったり、家が車の交通量の多い道路に面しているため安全面で不安になってしまったり、後からトラブルにならないよう建設基準法や周辺状況を理解しておくことが土地探しのコツです。

 

最悪の場合、土地を購入してから予定していた設計を変更する事態も無きにしもあらず、そのような失敗が無いように最低限の用途地域の種類については知っておくといいでしょう。

 

不動産会社に土地探しをしてもらうときのコツとして、希望の条件に街の雰囲気や考えている建物のデザインや階数なども伝えておくことをおすすめします。

 

まとめ


思い通りの土地をみつけるのは大変ですが、予算と希望条件を決めて、気になる土地について正しく知ることが大切です。

 

ぜひ土地探しの参考にしてみてください。

 

私たちサン・スター株式会社は、姶良市と霧島市の土地売買を専門に行っています。

 

土地探しについてご質問等がありましたら、お気軽に当社へお問い合わせ下さい。

≪ 前へ|土地の取得や不動産売買で必要な「登記事項証明書」とは   記事一覧   旗竿地とはどんな土地?そのメリットやデメリットを解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る