サン・スター株式会社 > サン・スター株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 旗竿地とはどんな土地?そのメリットやデメリットを解説

旗竿地とはどんな土地?そのメリットやデメリットを解説

≪ 前へ|絶対に失敗したくない土地探しを成功させるコツ   記事一覧   姶良市のおすすめのイベントはこれ!さえずりの森のツキアカリノハロウィン映画祭|次へ ≫
カテゴリ:「土地売買」のプロとして

旗竿地と呼ばれる土地には、どのような特徴があるのでしょうか。

 

今回は、旗竿地の特徴と、旗竿地に住宅を建てる際の、メリット・デメリットについて解説します。

 

旗竿地とはどんな土地?


旗竿地とはどんな土地?


あまり耳に馴染みのない方も多いかもしれませんが、「旗竿地」とは、どんな土地なのでしょうか。

 

旗竿地とは上から見たときに、竿に旗が付いたような形をしている土地を指します。

 

旗に例えられるのはメインの敷地で、竿に例えられるのは細長い形の土地です。

 

このように、2つの形の土地が組み合わせられており、細い土地は公道へつながっているのが特徴でもあります。

 

旗竿地のメリットとは?


特徴的な形の旗竿地に住宅を建てるメリットには、まず、土地を安く購入できるという点が挙げられます。

 

旗竿地は、周りをすべて住宅で囲まれている場合が多く、建物を建てる際に工夫が必要であるため、安い傾向にあるのです。

 

平均的に地価が高い、高級住宅街のような場所で見つけられると、通常よりも安く好立地な場所に住宅を建てる事が可能です。

 

次に挙げられるメリットには、静かな場所に住宅を建てるのが可能だという点があります。

 

旗竿地の形上、公道からメインの敷地まで距離があります。

 

奥まった場所にあるため、公道に面している住宅に比べて、静かな環境を作りやすいと言えるのです。

 

また、周りを住宅で囲まれているケースが多いため、公道から住宅の外装が見えにくいという特徴もあります。

 

したがって、住宅の外装にかける費用を抑えられるのも、大きなメリットです。

 

内装や家具など、住宅の中身にお金をかけられるので、快適な住環境が作れます。

 

旗竿地のデメリットは?


旗竿地に住宅を建てるデメリットには、建築にかかる費用が割高になってしまう点が挙げられます。

 

竿に例えられる細い土地に重機が入れないと手作業が増え、その分の費用がかかるのです。

 

次に、周りを住宅に囲まれている場合が多いため、建てる住宅の1階に光が入りにくかったり風通しが悪くなったりしてしまう場合があります。

 

このデメリットを解決するため、2階にメインの生活空間を設けたり、天井に大きな窓を設けたりする方もいます。

 

続いて、防犯面にも若干のデメリットがあります。

 

メインの敷地が奥まった場所にあり、人の目が届きにくいため、公道に面した一般的な住宅よりも、防犯上の不安が高まってしまう場合があります。

 

このようなデメリットもありますが対策は可能であり、地価が安い点は大きなメリットです。

 

特徴に合った工夫をしながら住宅を設計し、建築すれば、予算内で満足できる仕上がりになるでしょう。

 

まとめ


旗竿地の特徴やメリット・デメリットについて解説してきましたが、工夫次第で、費用を抑えて、良い住宅を建てることは十分可能です。

 

ぜひ、候補のひとつとして検討してみてください。

 

サン・スター株式会社は、鹿児島県姶良市・霧島市を中心に土地の売買を行っております。

 

不動産に関するご相談は、ぜひ弊社までお気軽にお問合せ下さい。 

≪ 前へ|絶対に失敗したくない土地探しを成功させるコツ   記事一覧   姶良市のおすすめのイベントはこれ!さえずりの森のツキアカリノハロウィン映画祭|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る