サン・スター株式会社 > サン・スター株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 土地の価値を測るための5つの指標「一物五価」とはどういう意味?

土地の価値を測るための5つの指標「一物五価」とはどういう意味?

≪ 前へ|住宅を建築する際の2×4 工法ってなに?   記事一覧   道路に面していない土地は建物が建てられない?売却できない?解決策とは|次へ ≫
カテゴリ:「土地売買」のプロとして

土地は売主や買主、国などの異なる視点や目的によって価値は変わってくるものです。

 

そのため、さまざまな視点や用途によって使われる価格指標も変わります。

 

価格指標は一般的に5つあり、それらは「一物五価」と呼ばれています。

 

今回は、土地の売却を考えている人に向けて、一物五価の意味とそれぞれの価格の違いなどについてご説明します。


土地の「一物五価」の意味とは?


土地の価値を測るための5つの指標 一物五価


1つの土地の価値を測るために、用途によって5つの指標が使い分けられますが、この用いられる指標の総称を「一物五価」と言います。

 

なお、「五価」とは公示地価・基準地価・固定資産税評価額・相続税評価額・実勢価格のことです。


土地の価格指標「一物五価」とは?①:公示地価


公示地価とは、国が指定した地点の価値を表した価格のことで、市場取引における公的指標です。

 

国土交通省が標準値と呼ばれる地点を選び、2名以上の土地鑑定士が鑑定した価格を毎年3月に公示しています。

 

なお公示地価は、後に説明する固定資産税評価額や相続税評価額の基準にもなりますよ。


土地の価格指標「一物五価」とは?②:基準地価


基準地価とは、都道府県が選んだ基準地の価格のことです。

 

1名以上の土地鑑定士によって鑑定される公示地価の補完的な指標で、都市以外も含む土地の適正価格を算定するための基準です。


土地の価格指標「一物五価」とは?③:固定資産税評価額


固定資産税評価額とは、各市町村が個別に決定する、固定資産税を決めるための基準となる評価額です。

 

土地の場合は、公示地価の約7割が目安と言われますが、面積や土地の形などで評価額は大きく変わるので注意しましょう。

 

そして固定資産税評価額は、一度決めたら終わりではなく、3年ごとに価格の見直しが行われます。


土地の価格指標「一物五価」とは?④:相続税評価額


相続税評価額とは、固定資産税・都市計画税・不動産取得税などを計算するための評価額のことです。

 

さらに相続税評価額には、路線価方式と倍率方式という2パターンがあり、路線価が設定されている土地は路線価方式、路線価がない土地は倍率方式で評価されます。


土地の価格指標「一物五価」とは?⑤:実勢価格


不動産取引をする上で、もっとも関係があるのが実勢価格です。

 

過去の取引事例を参考にしながら決められるため、いわば市場で実際に売買されるときの価格として参考にできます。


まとめ


土地を評価するときは、その用途や目的によって、一物五価と呼ばれる5つの価格指標が使い分けられます。

 

いずれも不動産取引に関係するものや税金の額を決めるときの基準となるものなので、ぜひ知っておいてくださいね。

 

土地売買専門のサン・スター株式会社は、鹿児島県姶良市・霧島市を中心に物件情報を取り扱っております。

 

土地売買についてご相談などがございましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

≪ 前へ|住宅を建築する際の2×4 工法ってなに?   記事一覧   道路に面していない土地は建物が建てられない?売却できない?解決策とは|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る