サン・スター株式会社 > サン・スター株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 知らないと売却時にトラブルになりやすい!土地の権利と種類のこと

知らないと売却時にトラブルになりやすい!土地の権利と種類のこと

≪ 前へ|日本一の巨樹!姶良市の蒲生のクスをご紹介!   記事一覧   住宅を建築する際の2×4 工法ってなに?|次へ ≫
カテゴリ:「土地売買」のプロとして

土地の権利というと所有権が一般的ですが、実は「借地権」というものもあることをご存知でしょうか。

 

所有権と借地権の違いは、普段は書類上でしか意識しないことが多いですが、売却するときにこの違いをはっきりと把握しておかないと、大きなトラブルを招いてしまうこともあります。

 

そこで今回は、土地の権利である所有権と借地権の違いについて解説します。


同じ土地の権利でも要注意!所有権と借地権の違いとは?


土地の権利と種類のこと


所有権とは、将来にわたってその土地を自由に使ったり処分したりできる権利のことで、不動産を売買したり相続したりするときに、所有権移転登記を行うことによって確定します。

 

もちろん、売買、建て替え、相続・贈与なども自由に行えます。

 

それに対して借地権とは、地主から土地を借りる権利のことです。

 

たとえば不動産の広告に「借地権付き住宅」と書かれていれば、地主から土地を借りている人が建てた家のことを指します。

 

借地権の場合、地主に毎月「地代」を支払うのが原則で、保証金や更新料、権利金などが必要になることもあります。


土地を借りる権利「借地権」は大きく3種類に分けられる


先ほどご紹介した借地権は、実は以下の3種類に分けられます。

 

1)旧法借地権

 

旧法借地権とは、堅固な建物は30年以上、非堅固の建物は20年以上土地を借りられると定めた権利です。

 

この制度は大正時代に定められたもので、契約期間の定めがなく期間満了後も地主に正当な理由がない限り、堅固な建物は最長60年、非堅固の建物は最長30年使用できます。

 

なお「旧法」とは、1991年まで施行していた旧借地法のことを指します。

 

2)普通借地権

 

普通借地権は、1992年から施行された借地借家法による借地権のことです。

 

旧法借地権との違いは、建物の堅固性を問わず30年以上借りられること、契約してから初めて更新する際はそこから20年以上、2回目の更新以降は10年以上の契約期間が定められていることです。

 

3)定期借地権

 

定期借地権とは、これまで紹介した2つの借地権とは違い、定められた期間が満了したら土地を更地にして地主に返さなければいけない権利です。

 

一般定期借地権なら契約期間は50年以上、事業用借地権は10年以上50年以下、建物譲渡特約付借地権なら30年以上と決まっています。

 

なお定期借地権のうち、建物譲渡特約付借地権は「建物を取り壊さずに土地を返す」ものなので、その違いも覚えておくと良いでしょう。


まとめ


普段は気にしない土地の権利ですが、どの権利が付いているのか知っておくことはとても重要です。

 

今後土地を売る予定がある人は、ぜひ参考にしてくださいね。

 

サン・スター株式会社は、鹿児島県姶良市・霧島市を中心に土地の売買を行っております。

 

不動産に関するご相談は、ぜひ弊社までお気軽にお問合せ下さい。

≪ 前へ|日本一の巨樹!姶良市の蒲生のクスをご紹介!   記事一覧   住宅を建築する際の2×4 工法ってなに?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る