サン・スター株式会社 > サン・スター株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 土地の取得や不動産売買で必要な「登記事項証明書」とは

土地の取得や不動産売買で必要な「登記事項証明書」とは

≪ 前へ|道路に面していない土地は建物が建てられない?売却できない?解決策とは   記事一覧   絶対に失敗したくない土地探しを成功させるコツ|次へ ≫
カテゴリ:「土地売買」のプロとして

不動産関係の申請時に、「登記事項証明書」の提出を求められる機会は少なくありません。

 

登記事項証明書に記載されている内容や登記簿謄本との意味の違い、申請の方法についてご紹介します。


土地を取得したら登記事項証明書の申請が必要


土地の取得や不動産売買で必要な登記事項証明書


登記事項証明書は、不動産売却や土地を取得したときのために知っておくべき情報が書かれた証明書です。

 

土地を売却できる資格があるか、自身がその不動産の所有物だということが記載された書類を法務局から取り寄せて証明しなくてはなりません。

 

また、新しく土地と建物を取得した場合は住宅ローン控除の手続きにも、登記事項証明書が必要です。

 

登記事項証明書は不動産の現在の所有者であることを証明するだけでなく、過去に所有していた権利や、土地と建物の所有者が違う場合にも、すべての主権者の記録を確かめることができます。

 

不動産売買や提出が求められた場合、すべての登記がされている「全部事項証明書」を取得します。

 

勝手に不動産が売却されたり、相続トラブルが起きたりするのを防ぐためにも、土地の持ち主は誰なのかはっきりさせたうえで、安心して不動産取引をおこなうことが大切です。

 

2008年に法務局に登録された登記内容がコンピューター化され、管理されるようになり、記載方法の統一性と読みやすさが向上しました。

 

オンライン上で管理されるようになったことで、近くの法務局で取得できるようになり、以前と比べて簡単に手に入るようになりました。


土地の所有権を証明する「登記事項証明書」と「登記簿謄本」との違い


登記事項証明書の取得方法は直接窓口で申請するほか、予約や送付依頼が可能です。

 

法務局のホームページからオンライン請求をして、窓口で受け取る場合手数料は480円、送付を希望する場合手数料は500円かかります。

 

また申請用紙の記入からすべて法務局の窓口でおこなう場合は、1通につき600円となっていますが、不安な場合は直接出向いて確認し受け取ると良いでしょう。

 

登記事項証明書と登記簿謄本の違いは、未処理のまま登記所で管理されている登記用紙をコピーしたものが「登記簿謄本」といい、コンピューターでデータに処理された登記事項をプリントしたものが「登記事項証明書」といいます。

 

どちらも不動産の土地や建物の情報内容はほぼ同じです。

 

登記簿謄本は昔の形式のため、年齢の高い方から登記簿謄本を取得するように言われた場合は、現在の登記事項証明書と同じ内容で違いはありません。


まとめ


今回は、登記事項証明書の記載内容や申請の方法についてご紹介しました。

 

「登記事項証明書」は土地の権利を証明するための重要な書類の一つで、法務局のホームページからオンライン請求をし、窓口から取得できます。

 

登記簿謄本」と「登記事項証明書」の中身は同じ内容です。

 

土地を取得したときや不動産売買で必要になったとき、スムーズに取得できるように参考にしてください。

 

土地売買専門のサン・スター株式会社は不動産売買情報を取り扱っております。

 

土地売買についてご相談などがございましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

≪ 前へ|道路に面していない土地は建物が建てられない?売却できない?解決策とは   記事一覧   絶対に失敗したくない土地探しを成功させるコツ|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る