サン・スター株式会社 > サン・スター株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 不動産購入と関係の深い抵当権とは?メリットとデメリットもご紹介!

不動産購入と関係の深い抵当権とは?メリットとデメリットもご紹介!

≪ 前へ|土地購入の際に注意したい用途地域とその種類&選び方の注意点   記事一覧   姶良市のおすすめ古民家カフェ!スイーツが自慢&ピザ焼き体験も!|次へ ≫
カテゴリ:「土地売買」のプロとして

不動産にはその物件の持ち主であることを示す所有権の他にも、様々な権利がありますが、その中の1つに抵当権という権利があります。

 

今回は、抵当権について解説しつつ、この権利がもたらす効果や注意点などをまとめてみました。

 

抵当権とは?不動産購入時にはあった方がいい?


抵当権とは?

 

抵当権とは、簡単に言えば、担保です。

 

たとえば、銀行などの金融機関に住宅ローンを組む場合、莫大な金額を融資することになります。

 

たとえ連帯保証人をつけたとしても、貸し手としては大きなリスクがあります。

 

そこで、購入した物件に対して抵当権をつけることで、万が一返済に行き詰まり、債務不履行になった際には、その物件を売る(もしくは競売にかける)ことで優先的に債務の弁済を受けられることになります。

 

この担保によって、金融機関は莫大な住宅ローンを貸し出すことができるというわけです。

 

もちろん、住宅ローンを支払い終えれば、抵当権は不要となるため、抵当権を抹消してもらうことになります。

 

抵当権をつける場合には抵当権設定登記、外す場合には抵当権抹消登記を法務局に行うことで、法的な効果を生むことになります。

 

抵当権付きの不動産を購入するメリットとデメリットは?

 

中古物件などを購入する場合には、持ち主がまだ住宅ローンを支払い終えておらず、抵当権が付いたまま、物件を売りに出していることもあります。

 

ただし、抵当権付きの物件購入については、売主が抵当権を抹消し、担保権をきれいにしてから物件を引き渡すことになっており、売買契約書にも記載がなされることが通常です。

 

一般的には、決済時に買主が支払った代金で売主の借入金残額を一括返済し、所有権を移す移転登記と抵当権の抹消登記とを同時に行います。

 

では、ここで一括返済ができなかった場合はどうなるでしょう?

 

結論を言えば心配は無用です。

 

なぜなら、不動産の売買契約を仲介する不動産会社があらかじめ調査をし、売却した際にその代金で抵当権が抹消できるか(弁済が完済するか)を確認しているはずだからです。

 

万が一、売買契約締結後でなければ抵当権の抹消ができるか不明である場合であっても、契約書に「抵当権の抹消ができなければ白紙解除」などの条項が盛り込まれており、買主に損失が無いような工夫がなされています。

 

まとめ

 

抵当権付きの物件の購入については、その抵当権を抹消してもらえるかをしっかり確認するべきです。

 

ローン完済後に抵当権がついたまま放置している物件などもあるため、売買契約の際には注意が必要です。


サン・スター株式会社は不動産売買情報を取り扱っております。

 

土地、不動産の売買についてご相談などがございましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

≪ 前へ|土地購入の際に注意したい用途地域とその種類&選び方の注意点   記事一覧   姶良市のおすすめ古民家カフェ!スイーツが自慢&ピザ焼き体験も!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る