サン・スター株式会社 > サン・スター株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 道路に面していない土地は建物が建てられない?売却できない?解決策とは

道路に面していない土地は建物が建てられない?売却できない?解決策とは

≪ 前へ|土地の価値を測るための5つの指標「一物五価」とはどういう意味?   記事一覧   土地の取得や不動産売買で必要な「登記事項証明書」とは|次へ ≫
カテゴリ:「土地売買」のプロとして

姶良市、霧島市で道路に面していない土地(袋地)をお持ちの方、「袋地には建物が建てられない」「売れない!」と聞いたことはありませんか?

 

たしかに「道路に面していない土地は建物が建てられない」との決まりがあり、そのため売価も低く需要も低いため売れない傾向が高いですが、それでも解決策があるかも知れません。

 

今回は「接道義務を果たしていないと建築(再建築)不可」の理由や「売却するためのポイント」を説明します。

 

道路に面していない土地は要注意!建物が建てられない?

 

道路に面していない土地は建物が建てられない?売却できない?解決策とは


土地に建物を建てるときには、法律によりいくつもの決まりごとや規制があるのですが、そのうちの1つに「建築基準法で定められた道路に2m以上接していない土地には建物を建てられない」との決まりがあります。

 

これが「接道義務を果たしていないと建築(再建築)不可」の理由です。

 

「建築基準法で定められた道路」とは、原則は幅員4m(特定行政庁が指定した区域内では6m以上)のことで、以下では「道路」として説明します。

 

「道路に面していない土地」は「接道義務を果たしていない」ため「建築(再建築)不可」なのです。

 

「袋地」とは一般的に四方を隣地に囲まれているため、当然接道義務を果たしていません。

 

そのため「袋地」は建築(再建築)できずに利用価値も低く、売価の相場も低くなり、その上需要もなく売れない、となってしまうのです。

 

道路に面していない土地は要注意!売却するためのポイント

 

それでも、袋地などできちんと対策をとれば接道義務を果たした土地になり、もっと高値で売却することも可能です。

 

まずは「接道義務を果たした土地を持つ隣人から必要分買い取る」との方法があります。

 

部分的にでも隣人から買い取り自分の土地が接道義務を果たすことができればいいのです。

 

逆に、隣人の土地も接道義務を果たしていない場合は自分の土地を隣人に買い取ってもらうとの方法もあります。

 

どちらにしても隣人が、土地を売買する気がなかったり売買金額のことで、トラブルになったりすることを避けるためにも不動産会社に相談し、交渉してもらったほうがいいかもしれません。

 

まとめ

 

「道路に面していない土地」は「接道義務を果たしている状態にしてから売却する」などの対策をする必要があります。

 

また、隣人とトラブルになったり売価で損をしたりすることを避けるために不動産会社へ仲介を依頼する、ほかの解決策がないかを相談するなどが重要なポイントです。


サン・スター株式会社は、鹿児島県姶良市・霧島市を中心に土地の売買を行っております。

 

不動産に関するご相談は、ぜひ弊社までお気軽にお問合せ下さい。

≪ 前へ|土地の価値を測るための5つの指標「一物五価」とはどういう意味?   記事一覧   土地の取得や不動産売買で必要な「登記事項証明書」とは|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る