サン・スター株式会社 > サン・スター株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 霧島市の大人が楽しめる蔵元見学の魅力!おすすめ蔵元はどこ?

霧島市の大人が楽しめる蔵元見学の魅力!おすすめ蔵元はどこ?

≪ 前へ|姶良市の危険空家への補助金制度を活用!放置による責任問題とは?   記事一覧   霧島市の防災マップの確認や災害時に便利なグッズとは?|次へ ≫
カテゴリ:姶良市・霧島市について

霧島市の魅力はたくさんありますが、そのなかでも「霧島連山の雄大な自然」「温泉」「焼酎」が有名です。

 

今回は、その魅力のなかから「焼酎」をご紹介したいと思います。

 

霧島市の大人が楽しめる蔵元見学!酒造り

 

霧島市の大人が楽しめる蔵元見学の魅力!おすすめ蔵元はどこ?


霧島市のある鹿児島県は、日本有数の酒造りが盛んな地域です。

 

その歴史は古く、薩摩藩第11代藩主・島津斉彬公の時代に工業用アルコールを大量生産するため、米よりも安価なサツマイモを使用したことから始まったようです。

 

島津斉彬公のアイデアから芋焼酎造りが盛んになり、代々引き継がれてきた酒造り。

 

霧島市内には7蔵元があり、今もこだわり抜いた焼酎を造っています。

 

霧島市の大人が楽しめる蔵元見学!おすすめ2選

 

<バレル・バレー プラハ&GEN>

河内源一郎商店グループが運営する「焼酎・地ビール工場」「黒豚加工品販売」「ボヘミアングラス工房」「チェコレストラン・リトル プラハ」などの施設が集まった「麹とチェコと焼酎のテーマパーク」です。

 

ガラス張りの大きな一升瓶の形をした入り口をくぐると焼酎工場が見学できます。

 

焼酎の味を左右する麹にスポットをあてた工場では、焼酎造りの工程や、熟成の様子、焼酎の歴史を知ることができます。

 

大人だけではなく、子どもと一緒に家族みんなで楽しめる施設なのでおすすめです。

 

住所:鹿児島県霧島市溝辺町麓876-1-5

TEL:0995-58-2535

営業時間:8:30~18:00(年中無休)

 

<霧島町蒸留所>

「ロサンゼルス・インターナショナル・スピリッツ・コンペティション2019」で金賞を受賞した、かめ壺焼酎「明るい農村」で有名です。

 

さらに、市町村合併でなくなってしまう地名「霧島町」を残すために、社名を「霧島町蒸留所」に変更するほどの地元愛に溢れた蔵元です。

 

霧島町蒸留所の見学は、年明け3日以外は見学可能。(午前9時~午後5時)

 

焼酎を造っている現場の見学は、ガラス越しですがさつま芋やお米を蒸す香りが漂います。

 

見学時間は15分ほどで、10名以上の場合は事前に連絡が必要ですが、おひとりでも見学可能。

 

直売所では、焼酎はもちろんブルーベリー酒の販売や試飲もあり「世界で1本の手書きオリジナルラベル焼酎」も購入できます。

 

デートやドライブの途中で立ち寄り、近くを流れる霧島川や高千穂峰(たかちほのみね)を見ながらリラックスするのもおすすめですよ。

 

住所:鹿児島県霧島市霧島田口564-1

TEL:0995-57-0865

営業時間:AM9:00~PM5:00

休業日: 1/1~1/3

 

まとめ

 

今回は、霧島市の魅力のひとつである「酒造り」をご紹介しました。

 

霧島市にお住まいの方も、これから移住してくる方もぜひ足を運んでみてくださいね。

 

サン・スター株式会社は、鹿児島県姶良市・霧島市を中心に土地の売買を行っております。

 

不動産に関するご相談は、ぜひ弊社までお気軽にお問合せ下さい。

≪ 前へ|姶良市の危険空家への補助金制度を活用!放置による責任問題とは?   記事一覧   霧島市の防災マップの確認や災害時に便利なグッズとは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る