サン・スター株式会社 > サン・スター株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 土地購入時に注意したい2項道路やセットバックとは?

土地購入時に注意したい2項道路やセットバックとは?

≪ 前へ|姶良市のおすすめ古民家カフェ!スイーツが自慢&ピザ焼き体験も!   記事一覧   姶良市の危険空家への補助金制度を活用!放置による責任問題とは?|次へ ≫
カテゴリ:「土地売買」のプロとして

土地の購入には、2項道路とセットバックについて覚えておくのがポイントです。

 

住宅を建築するにはさまざまな規定があり、土地によっては購入後に再建築不可に気づくケースも!

 

2項道路とセットバックについて解説しますので、姶良市、霧島市で土地購入を検討中の方はぜひ参考にしてくださいね。


土地購入時に注意したい2項道路やセットバックとは?


土地購入で知っておきたい2項道路とセットバックとは?

 

土地の購入ポイントである2項道路とセットバックとは、建築基準法に定められたある一定の条件をもつ道路です。

 

建物を建築するには、敷地に接する道路の幅員が4m以上必要です。

 

2項道路とは、この基準に満たなくても条件付きで建物を建てられる道路です。

 

また、セットバックとは、4m以下の道路に面した敷地を条件を満たすために後退させることです。

 

建物を建築する際、敷地に接する道路は、主に生活環境を一定水準にキープするため、守るべき規定がいくつかあります。

 

ところが、法令の施行以前に建築された建物は、条件を満たしていませんが、経済的損失を考えると解体するわけにもいきません。

 

そこで、違法建築とならないよう、一定条件をつけた例外が2項道路というわけです。

 

建築基準法の42条2項に定められているので、このように呼称されていますよ。

 

土地購入における2項道路の注意点

 

2項道路にあてはまる土地購入では、いくつかの注意点があります。

 

また、接道義務といって、建物を建てる土地は道路に2m以上接していないといけない決まりも覚えておきましょう。

 

▼セットバック敷地は道路扱い

2項道路ではセットバックした分の敷地は道路として扱われるので、塀や駐車場の建築はできません。

 

敷地面積から除外されるので、建ぺい率と容積率の計算に注意が必要です。

 

公道の場合、自治体が無償譲渡に応じてくれるケースがあるので、みなし道路分については管理や固定資産税などの支払いをしなくてすみます。

 

▼セットバックラインが間違っている

敷地を後退させるラインを誤ったまま販売しているケースがあります。

 

ラインが基準を満たしていない、または、バックしすぎているなどの問題が隠れているかもしれません。

 

購入前にしっかり確認し、敷地面積におけるトラブルを防ぎましょう。

 

まとめ

 

土地購入では、家を建築する際の道路条件や注意点について学んでおくと安心です。

 

接する道路によっては、敷面積が小さくなるケースがあり、住宅の解体後に再建築できない場合もあります。

 

土地購入では信頼できる不動産業者への依頼が重要かもしれません。


サン・スター株式会社は、鹿児島県姶良市・霧島市を中心に土地の売買を行っております。

 

不動産に関するご相談は、ぜひ弊社までお気軽にお問合下さい。

≪ 前へ|姶良市のおすすめ古民家カフェ!スイーツが自慢&ピザ焼き体験も!   記事一覧   姶良市の危険空家への補助金制度を活用!放置による責任問題とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る