サン・スター株式会社 > サン・スター株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 土地の境界が曖昧な場合の確定方法とトラブル例を解説

土地の境界が曖昧な場合の確定方法とトラブル例を解説

≪ 前へ|雄大な自然のめぐみと歴史を感じる地「霧島市」のおすすめスポット   記事一覧   マイホームを建てる土地はどのように見つけるの?探し方のポイントと注意点を解説|次へ ≫
カテゴリ:「土地売買」のプロとして

土地の購入を検討しているなら、トラブルを避けるために土地の「境界」について理解を深めておく必要があります。

 

この記事では、土地の境界を確定させる方法と、境界が曖昧な場合に起こるトラブルに関して解説します。


土地の境界が曖昧な場合

 

土地の境界が曖昧な場合:確定させる方法

 

土地の境界には、次の2種類があります。

 

・筆界:土地の登記時に定められた境界線。公法上の境界のため個人では変更不可。

・所有権界:当事者が自由に決められる私法上の境界線。

 

筆界と所有権界は一致しているケースが大半ですが、当事者間の土地交換や売買などを登記していないなどの理由で、2つがずれているケースもあります。

 

土地の境界を確定するには、次の方法があります。

 

<筆界を確定する方法>

 

筆界を確定するには、土地の持ち主などの申請を受けて、筆界特定登記官が本来の筆界を明らかにする「筆界特定制度」を利用するのが便利です。

 

裁判という負担を負うことなく、少なめの費用で筆界を確定できるのがメリットです。

 

<所有権界を確定する方法>

 

所有権界を確定するには、土地家屋調査士会におけるADRを利用する方法があります。

 

裁判とは異なり、弁護士と土地家屋調査士による相談・調停などを経て紛争を解決する手続きで、半年程度で終了するのが特徴です。

 

土地の境界が曖昧な場合:トラブルの原因

 

土地の境界が曖昧だと、隣家とのトラブルが起こりやすいです。

 

たとえば、「隣家の木や塀が、こちらの土地にはみ出しているように思える」「土地を売るため調査したところ、こちらの土地に隣家の垣根がつくられていた」などの事例があります。

 

様々なケースが存在しますが、大きな原因としては、自身か隣家、あるいは双方が境界を間違って認識していることが考えられます。

 

そのため、地積測量図などに従って正しい位置に「境界標」(境界を表す四角い杭)を打ち込むことで、解決するケースも多いです。

 

また、この境界標自体が地震などの天災によりずれたり無くなったりすることもあるため、紛失しても場所がわかるよう写真などで記録したり、定期的に確認したりする必要があります。

 

実際にトラブルが生じた場合の解決法としては、先述した筆界特定制度やADRのほかにも、土地家屋調査士に境界の確定を依頼し、隣家が境界をはみ出していた場合にはその分を購入してもらうなどの方法もあります。

 

まとめ

 

土地の境界が曖昧な場合は、まずは地積測量図などで正しい境界を確認できるので、それで確認してみてください。

 

意外と、「隣家が悪いのではなく自分が勘違いしていただけだった」というケースも多いので、いきなり隣家に話を持ち込んでトラブルを引き起こすのではなく、ご自身でまず確認してみることが大切です。


土地売買専門のサン・スター株式会社は不動産売買情報を取り扱っております。


土地売買についてご相談などがございましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

≪ 前へ|雄大な自然のめぐみと歴史を感じる地「霧島市」のおすすめスポット   記事一覧   マイホームを建てる土地はどのように見つけるの?探し方のポイントと注意点を解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る