サン・スター株式会社 > サン・スター株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 不動産の土地取引における質権とはどのような意味を持つの?

不動産の土地取引における質権とはどのような意味を持つの?

≪ 前へ|家族で霧島市にキャンプに行こう!海水浴場や森林にあるキャンプ場を紹介   記事一覧   姶良市に出かけよう!今年はスターランドAIRA天文台で冬を楽しもう|次へ ≫
カテゴリ:「土地売買」のプロとして

あなたは、土地について詳しく調べていると思います。

 

そのなかで、質権の単語を目にする機会が多いと思いますが、どのような意味か気になりますよね。

 

そこで、この記事では土地にかける権利について詳しくご紹介します。


不動産の土地取引における質権とは


不動産における土地の質権とは?

 

質権(しちけん)とは、債権を保全するための担保物権のことです。

 

詳しく言うと、債権者は手持ちの債権を保全するために、債務者から受け取ったものを占有します。

 

しかし、債務が返済されない場合に、受け取ったものを売却して得た金額から債権の返済を受けられるのです。

 

担保物権とは上記のことを意味します。

 

不動産の土地においては、火災にあった場合にこれが効力を持つことが多いです。

 

たとえば、不動産が火事で消滅してしまうと、以後のローンを支払うことが難しくなってしまいますよね。

 

基本的にはローンの支払いは続くものの、その他のお金のやりとりに追われてローンの支払いが後回しになってしまう可能性が考えられます。

 

それを防ぐために、融資先の金融機関が、所有者が加入している火災保険に質権を設定することで、優先的に融資を返済してもらうことが可能になります。

 

返済先には火災保険金から支払われることになります。

 

このように、不動産の土地においては、融資の返済を確実に行わせるために質権の設定をするケースが多々見られます。

 

不動産の土地における質権と抵当権の違いとは?

 

質権とよく似た言葉に抵当権があるため、両者の違いが気になりますよね。

 

抵当権とは、土地と建物に対して金融機関が設定する権利のことです。

 

これは、住宅ローンの融資を受ける際に効力を持つものなので、似たような意味を持つといえるでしょう。

 

この両者の違いは、権利者が担保する目的物を占有できるか否かです。

 

先程挙げたとおり、質権は目的物を占有できますが、抵当権はこれができなくなります。

 

言葉で表すと「留置的効力」といい、抵当権を持っているだけでは不動産を占有することが難しいのです。

 

そのため、万が一火災で建物が全焼してしまった場合もお金を回収することができません。

 

これを防ぐために、質権を行使して万が一の際もお金を回収できるようにしておくことがポイントです。

 

両者は言葉の意味が似ているものの、有るか無いかでだいぶ不動産の効力が変わってきます。

 

特に、融資の返済についてはシビアな問題なので、きちんと返済できるような設定をしておくと融資先とのトラブルを防ぐことにつながると考えます。


まとめ

 

土地にどのような権利をかけるかによって、不動産が消滅した際の対処方法にも関わってきます。

 

確実に住宅ローンを回収されるためには、質権設定をすることがおすすめです。


サン・スター株式会社は、鹿児島県姶良市・霧島市を中心に土地の売買を行っております。

 

不動産に関するご相談は、ぜひ弊社までお気軽にお問合せ下さい。

≪ 前へ|家族で霧島市にキャンプに行こう!海水浴場や森林にあるキャンプ場を紹介   記事一覧   姶良市に出かけよう!今年はスターランドAIRA天文台で冬を楽しもう|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る