サン・スター株式会社 > サン・スター株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 姶良市で不動産売買を考えているので土地価格の相場を知りたい!

姶良市で不動産売買を考えているので土地価格の相場を知りたい!

≪ 前へ|姶良市に出かけよう!今年はスターランドAIRA天文台で冬を楽しもう   記事一覧   新年のご挨拶※事業内容の一部変更につきまして※|次へ ≫
カテゴリ:姶良市・霧島市について

不動産売買を考えたとき、土地価格や相場が気になるのではないでしょうか。

 

価格の相場や推移など、動向を知ることで、よりよい取引へとつながります。

 

今回は相場や最新の売却動向などについて詳しく見ていきますので、気になる方はぜひチェックしてみてください!


姶良市の土地価格相場の最新売却動向

 

姶良市の土地価格相場の最新売却動向

 

まずは姶良市の土地の平均売却額・平均平米単価・平均土地面積など、最新売却動向を紹介します。

 

<平均売却額>

 

最新の平均売却額は695万円です。

 

売却額が1,000万円以上の高額な地区は、三拾町の4,000万円や宮島町の1,700万円、松原町の1,300万円などがあります。

 

売却額が300万円以下の低額な地区は、下名や平松の240万円、西姶良の200万円や加治木町木田の150万円などが該当します。

 

<平均平米単価>

 

最新の平均平米単価は2.3万円/㎡です。

 

平米単価の高い地区は、池島町の4.2万円や松原町の4.1万円、宮島町の3.8万円や永池町の3.6万円などがあります。

 

平米単価の低い地区は、加治木町木田の4200円や三拾町の5400円、下名の1万円や西姶良の1.1万円が該当します。

 

<平均土地面積>

 

最新の平均土地面積は331㎡です。

 

土地面積の広い地区は、三拾町の2,000㎡や宮島町の430㎡、加治木町木田の360㎡や加治木町仮屋町の330㎡などがあります。

 

土地面積の狭い地区は、平松の115㎡や池島町の165㎡、西姶良の190㎡や下名などの230㎡が該当します。

 

姶良市 土地価格 相場 地価推移

 

<地価推移>

 

地価は1991年より緩やかに上昇し、1995年には約5.5万円に跳ね上がりました。

 

1997年の約6万円をピークに、2019年の約2.5万円まで緩やかに下降しています。

 

<土地市場価格の推移>

 

土地市場価格がもっとも低かったのは2008年の約550万円で、もっとも高かったのは2009年の約850万円です。

 

2010年から2011年には約600万円に再度下がり、2012年に約800万円まで上昇。

 

その後は緩やかなアップダウンを繰り返し、2019年は600万円弱となっています。

 

<土地売却の市況>

 

土地売却の市況は、土地の売却において重要な事項のひとつです。

 

姶良市の市況について、詳しく見ていきましょう。

 

姶良市の住宅地価格の前年比変動率は、国土交通省の「都道府県地価調査」によりますと、2018年は-0.9%で2019年は-0.8%でした。

 

この結果から住宅地価格は、ここ3年で下がり続けていることがわかります。

 

次に世帯数は2016年の35,184世帯から2018年には36,047世帯と、約2.5%増加しています。

 

これをみると、住宅需要は増えていると考えられるので、今後は高く売れる傾向にあるといえるかもしれません。

 

まとめ

 

姶良市の土地の最新売却動向や、地価推移など詳しく紹介しました。

 

今回紹介した動向や今後の傾向を、ぜひ不動産売買の参考にしてみてくださいね。


土地売買専門のサン・スター株式会社は不動産売買情報を取り扱っております。

 

土地売買についてご相談などがございましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

≪ 前へ|姶良市に出かけよう!今年はスターランドAIRA天文台で冬を楽しもう   記事一覧   新年のご挨拶※事業内容の一部変更につきまして※|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る