サン・スター株式会社 > サン・スター株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 相続した土地の分割方法とは?家族間トラブルを避けるための対策を解説!

相続した土地の分割方法とは?家族間トラブルを避けるための対策を解説!

≪ 前へ|霧島市の空港で飛行機の歴史を子どもと一緒に学ぼう!   記事一覧   鹿児島県姶良市で人気の大人も子どもも1日中楽しめる天然温泉施設「渓谷苑」をご紹介|次へ ≫
カテゴリ:「土地売買」のプロとして

相続が発生したとき、財産を複数の相続人に分割するのにいくつかの方法があります。

 

それぞれの方法にメリットとデメリットがあるため、家族や財産の状況にあわせて使い分けることが大切です。

 

今回は、相続した土地の分割方法とトラブルを避けるための注意点を解説していきます。

 

将来、複数の相続人で相続をうける予定の方は参考にしてくださいね。


相続した土地や建物の分割方法とメリット・デメリット

 

相続した土地や建物の分割方法とメリット・デメリット

 

こちらでは土地などの不動産を相続したときに、複数の相続人で分割する方法とそれぞれのメリットとデメリットを解説します。

 

<現物分割>

 

現物分割とは、長男は土地と家屋を相続し他の兄弟は貯金などの金融資産を相続するなど、財産を現物で受け取る方法で不動産を売却せずに残せるメリットがあります。

 

デメリットは、土地や家屋の価格が他の資産と同額になるケースは稀なため全員が満足することが難しい点です。

 

<代償分割>

 

代償分割とは、分割が難しい財産を相続した人が他の相続人に同等の金銭を支払う方法のことです。

 

金銭的に公平になるメリットはありますが、代償金を支払う人がある程度の資金を持たない限り実現できない点がデメリットです。

 

<換価分割>

 

換価分割とは、分割が難しい相続財産を売却して得た金銭を相続人全員で平等に分ける方法です。

 

全員が同額を受け取れるメリットがありますが、不動産を売却しなければならない上に、売却で得た金額に所得税などの税金がかかるとのデメリットがあります。

 

<共有>

 

共有とは、土地や家屋といった不動産などを複数の相続人で共有する方法です。

 

共有名義では名義人全員が土地のすべてを使用できるメリットがありますが、土地を売却する際にも、名義人全員の同意が必要とのデメリットもあります。

 

相続した土地建物の分割!トラブルを防ぐための注意点とは

 

土地や建物などの不動産は、相続人全員が納得する形で相続することが難しく、トラブルになるケースも珍しくありません。

 

無用な争いを避けるためにも、事前に対策すべき注意点をご紹介します。

 

不動産は金銭的に価値のある財産と思われがちですが、実際は固定資産税や修繕費などが必要で、支払いが負担になる場合があるため相続人はコストがかかることを覚悟しておかなければなりません。

 

また、代償分割の資金がない場合、被相続人の生命保険金を充当することができるので、生命保険の加入を検討してみてもいいでしょう。

 

まとめ

 

遺産相続は、家族だからこそ争いになりやすい場合があります。

 

将来家族が不仲になることがないよう、しっかりと今できる対策をしていきましょう。


サン・スター株式会社は、鹿児島県姶良市・霧島市を中心に土地の売買を行っております。

 

不動産相続に関するご相談は、ぜひ弊社までお気軽にお問合せ下さい。

≪ 前へ|霧島市の空港で飛行機の歴史を子どもと一緒に学ぼう!   記事一覧   鹿児島県姶良市で人気の大人も子どもも1日中楽しめる天然温泉施設「渓谷苑」をご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る