サン・スター株式会社 > サン・スター株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 土地の境界に関するトラブルでありがちなことや対処法とは?

土地の境界に関するトラブルでありがちなことや対処法とは?

≪ 前へ|ベッドタウンに住むメリットとは?鹿児島のベッドタウン姶良市の魅力   記事一覧   雨の日でも洗濯物が干せる!サンルームのメリット・デメリット|次へ ≫
カテゴリ:「土地売買」のプロとして

現在土地を持っている方も、これから持つ予定の方も、ぜひ知っておきたいことがあります。

 

それは、"境界"です。

 

お隣との土地の境界がはっきりわかっていれば問題ありませんが、境界があいまいな場合はあとでトラブルに発展する恐れがあります。

 

そうなる前に、土地の境界に関するおもなトラブルとその対処法をチェックしておきましょう。


土地境界のトラブルとは?


土地の境界トラブル~筆界特定制度とは?~


境界をはっきりさせるために塀や仕切りを建てることが多いですが、それがきっかけでトラブルに発展してしまうケースもあります。

 

そのような場合は、「筆界(ひっかい)特定制度」を活用するとよいでしょう。

 

この制度は、筆界(法務局に登記されている自分の土地とお隣の土地の地番の境界線)を使って土地の境界を特定するものです。

 

土地の所有者が申請すれば、法務局の職員と専門の調査員が詳しく調査してくれます。

 

筆界特定制度はすでにお隣と争いが起きているときにも使うことができ、手間がかからないので使いやすい制度です。

 

ただしこの制度は、土地の筆界をはっきりさせることはできても所有権の範囲まで特定することはできません。

 

とはいえ、筆界を特定しておくことで裁判などに発展しても話し合いを進めやすくなります。

 

土地の境界トラブル~境界確定~

 

土地の境界を新しく確定するときに、トラブルが起こることがあります。

 

これはまだ境界確定されていない土地を持つ場合のみ発生しうる問題ですが、土地の境界確定に関して調査士から立ち合いを求められることがあります。

 

調査士は必ずしもいい人とは限らず、依頼主(お隣)の土地を増やすような主張をしたりこちらの意見を聞き入れなかったりする場合があるようです。

 

普段から細かいことにこだわらない人は「1~2cm違うだけならまあいいよ」と思うかもしれませんが、その数cmが数十万円の差になりトラブルに発展する恐れもあります。

 

トラブルを未然に防ぐためにも、立ち合いの前には「土地家屋調査士会員証」「境界明示申請書」「代理人届」などの確認をきちんとしておきましょう。

 

なお調査士の提案には法的な拘束力はないため、もし立ち合い時に無理なことを言われたり納得のいかないことを提示されたりした場合は納得できるまで話し合いましょう。

 

ここでポイントなのは、現地の状況で境目を判断してそれに見合った主張をすることと、「言った・言わない」の無駄なトラブルを防ぐために文章で申し入れることです。

 

ただし測定方法が異なれば誤差が生じることもあるため、誤差についてある程度の許容範囲があることは覚えておきましょう。

 

まとめ

 

土地境界に関するトラブルはどのようなときに起こるか、トラブルにはどう対処すればいいか知りたい人は、ぜひ今回の内容を参考にしてください。

 

筆界特定制度をはじめ使える制度は遠慮なく利用し、交渉などに必要な準備は万全に整えておきましょう。


サン・スター株式会社は、鹿児島県姶良市・霧島市を中心に土地の売買を行っております。

 

不動産に関するご相談は、ぜひ弊社までお気軽にお問合せ下さい。

≪ 前へ|ベッドタウンに住むメリットとは?鹿児島のベッドタウン姶良市の魅力   記事一覧   雨の日でも洗濯物が干せる!サンルームのメリット・デメリット|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る