サン・スター株式会社 > サン・スター株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 知っておきたい霧島市の食育に関する取り組みとはどんな内容なの?

知っておきたい霧島市の食育に関する取り組みとはどんな内容なの?

≪ 前へ|姶良市のフォンタナの丘がおすすめ!温泉も食事も楽しむ癒しの休日   記事一覧   霧島市の空港で飛行機の歴史を子どもと一緒に学ぼう!|次へ ≫
カテゴリ:姶良市・霧島市について

最近食育が話題になっていますが、「なんとなく食育という言葉を聞いたことはあるけれど詳しくはわからない」という人が多いでしょう。

 

そんな方のために、今回は"食育"について詳しくご紹介していきます。

 

霧島市は食育にまつわる取り組みに力を入れており、食育初心者はもちろん食育に詳しい人にとっても役立つ情報を発信しています。


霧島市の食育に関する取り組み


知っておきたい霧島市の取り組み~食育の概要について~

 

まずは、霧島市の取り組みの概要について解説します。

 

<目的とは?>

 

そもそも、「食育」は食を通じた教育を意味する言葉です。

 

小さい頃から食べ物を通してさまざまなことを学ぶことで、好き嫌いや偏食を防ぐだけでなく「食べることは自分の体を作る」という意識を芽生えさせることが目的です。

 

また、普段子どもに料理をさせる環境を整えにくい家庭にお手伝いのきっかけを与える場としても役立っています。

 

<必要性やメリットとは?>

 

子どもが健全な大人へと育つためには、学びながら体を鍛えることや道徳心を育てることが必要です。

 

食育は、これらすべての前提となっています。

 

これから健康な生活を送るためには食に関する正しい知識を身につけ、どのようなものを食べるべきか・控えるべきかを知ることは、子どもの自立にあたって非常に重要なことです。

 

さらに、食育は子どもだけでなく親の学びにもなります。

 

子どもの体に入るものを選択するのは親の役割ですから、親も知識を学ぶ必要があります。

 

食育の大切さとともに、具体的なメリットについても知っておくとよいでしょう。

 

ひとつめのメリットは、「安全な食を選択する力」が養われることです。

 

これは、子どもが自立していく上で非常に大切な力です。

 

そしてふたつめが「栄養バランスのとれた食事」ができるようになることです。

 

栄養バランスが崩れると、抵抗力低下や生活習慣病などのリスクが高まります。

 

最後のメリットは「食べものを大切にする道徳心」が身につくことです。

 

食べものが私たちのもとにやってくるまでの過程や廃棄量を知ることで、食べもののありがたみを実感できます。

 

霧島市の食育の取り組み~きりしま版食事バランスガイド~

 

霧島市では、保育所食育支援事業として子どもに五感を使って野菜に触れてもらうイベントやお手伝いのきっかけ作りに役立つ親子向け料理教室などを開催しています。

 

また、郷土食を取り入れたきりしま版食事バランスガイドも独自で作成しています。

 

きりしま版食事バランスガイドには、地元の名産品であるきりしま茶や黒豚・ニガウリなどを使った料理が記載されています。

 

まとめ


今回は、食育の概要や霧島市の食育にまつわる取り組みについて詳しく解説しました。

 

食育を通じて子どもはもちろん親も正しい知識を得ることができ、家族みんなで健康な生活を送りやすくなります。

 

何からすればよいかわからない人やもっと食育を極めたい人は、ぜひイベントに参加してみましょう。


霧島市で土地をお探しの方は、サン・スター株式会社までぜひご相談ください

≪ 前へ|姶良市のフォンタナの丘がおすすめ!温泉も食事も楽しむ癒しの休日   記事一覧   霧島市の空港で飛行機の歴史を子どもと一緒に学ぼう!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る