サン・スター株式会社 > サン・スター株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 土地を売るなら買取・仲介それぞれの違いやメリット・デメリットを知ろう

土地を売るなら買取・仲介それぞれの違いやメリット・デメリットを知ろう

≪ 前へ|パン好きにはたまらない!姶良市周辺で食べられる人気パン屋とは?   記事一覧   土地を売却したら上手に活用!節税につながる「ふるさと納税」|次へ ≫
カテゴリ:「土地売買」のプロとして

これから土地の売却をおこなうには、どのくらいの金額で売るかなど、さまざまなことを決めなくてはなりません。

 

土地を手放すには不動産会社を通して買い手を探す「仲介」方法と、売り出す活動をせずに直接購入してもらう「買取」の2つの方法があり、それぞれの種類ごとにメリット・デメリットがあります。

 

この記事では、これから姶良市や霧島市近郊で土地売却をお考えの方に向けて、仲介・買取の違いや、メリット・デメリットについてご紹介していきます。


土地の買取

 

土地の買取・仲介の違いとは?買取には2種類の方法がある


土地を売却する際に不動産会社を通してチラシ配りや内覧などで購入希望者を募り、希望の売却価格で売る方法が「仲介」で、売る相手は購入希望者となります。

 

その一方で売るための活動をすることなく、申込をしたら直接不動産会社に買い取ってもらう方法が「買取」で購入者は不動産会社となり、それぞれ売却する相手が異なります。

 

このほかに仲介手数料や売却までの期間、売却価格の高さなどの違いがありますが、そのなかでも買取ではさらに2種類に分かれます。

 

1つ目は「即時買取」で、双方の価格交渉が成立すると即座に売却がおこなわれる方法で、もう1つが一定期間売却活動をおこない、その期間に売れ残った場合に不動産会社が買い取る「買取保証」の方法があります。

 

土地の買取・仲介どっちか迷ったら?買取のメリット・デメリットを解説


土地の売却では仲介と買取にはどちらもメリット・デメリットがあり、自分の希望に合った方法を選ぶことが大切です。

 

買取は、直接不動産会社に売りたい土地を買い取ってもらえるため、現金化までの期間が短く済み、万が一売れ残る心配もなくすぐにお金が入るメリットがあります。

 

さらに不動産を仲介して売却する際には「仲介手数料」が発生しますが、買取の場合は免除されるため金銭的な負担が減るメリットもあります。

 

このほかに、内覧をおこなわずに売却できるため、ご近所さんに知られずに土地売却ができることや、売却した不動産に万が一欠陥があるとその責任を負わなければならない瑕疵担保責任がなくなるなどのメリットがあります。

 

買取の場合では、もし土地自体の場所が悪く、買い手が付きそうにない場合でも売れ残る心配がないのですが、売却価格が低くなるデメリットがあることも知っておきましょう。

 

まとめ


土地を手放す際には仲介を利用して売却する方法と、不動産会社に直接買い取ってもらう手法があります。

 

仲介と買取には種類の違いやメリット・デメリットがありますので、ご自身にあった方法をじっくり考えてみると良いでしょう。

 

土地売買専門のサン・スター株式会社は、不動産売買情報を取り扱っております。

 

土地売買についてご相談などがございましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

≪ 前へ|パン好きにはたまらない!姶良市周辺で食べられる人気パン屋とは?   記事一覧   土地を売却したら上手に活用!節税につながる「ふるさと納税」|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る