サン・スター株式会社 > サン・スター株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 農地の売却はできる?土地の転用や売却の手続き方法を解説

農地の売却はできる?土地の転用や売却の手続き方法を解説

≪ 前へ|お気に入り探しが楽しい!品ぞろえが豊富な姶良市のおすすめスイーツ店   記事一覧   土地購入にはどのような費用がいくらかかる?それぞれ特徴や相場を知ろう|次へ ≫
カテゴリ:「土地売買」のプロとして

先祖代々受け継いできたり、親が高齢で農業ができなくなったりして活用できていない農地がある場合には、思い切って売却か転用したいと考えますよね。


しかし、もともと畑や田んぼだった土地は、一般的な土地と比べると売却が難しいといわれており、農業従事者も減少していることから、高値で売却が難しく、そもそも売却手続きが複雑になっているのも現状です。


この記事では、姶良市や霧島市にお住まいでこれから農地売却をお考えの方に、手放すことが難しい理由や手続き方法などについて解説していきます。


農地売却


一般的な土地と比べると農地売却が難しい理由


日本は食料自給率が低いことから、農業を守るために「農地法」が定められています。


農地法は生活に欠かせない食料の生産を守るために定められていますので、一般的な土地のように簡単に売却が許可されない理由から売却しにくいといわれるのです。


しかし、さまざまな条件を通過することで、そのまま農業が営める状態で売却するか、農地を一度更地にして売却するかのいずれかの方法で売却が可能になります。


農地のまま売る場合は手続きなどが簡単で費用も大きくかかりませんが、土地を買い取ってもらう農家を探さなければならず、売却価格は低くなる傾向にあります。


一度更地にして売却する場合には土壌改良などの作業が必要ですが、場合によっては転用できないこともありますので注意が必要です。


農地である土地を売却するための手続き方法


もともと農業に使っていた土地を売却するには、さまざまな手続きが必要です。


農地売却は、都道府県や各市町村の許可が必ず必要ですので、まずは農業委員会へ農地売却の相談をおこない、許可指令書を発行してもらいましょう。


農地をそのまま売却する際には、自分で買主を探すか不動産会社へ仲介を依頼して売却をおこないますが、農地はなかなか買主が見つかりにくいため、手続き後すぐに売却とはいかないこともあります。


農地をほかの使用目的として売却する際も不動産会社に依頼する流れとなりますが、もし所有する土地が市街化調整区域に該当していると、より複雑な手続きが必要となりますので、自分の土地の状態を事前に調べておくと良いでしょう。


いずれにしても許可申請などの手続きが必要で、一般的な土地と比べると売却までに大幅な時間がかかるも把握しておきましょう。


まとめ


使っていない農地を売却するには、農業委員会への申請などさまざまな手続きが必要で、売却までに時間を要することも多くあります。


さらに農業として使っていた土地を売却するには条件もあり、一般的な土地と比べると売却が難しい理由があることも知っておくと良いでしょう。


土地売買専門のサン・スター株式会社は不動産売買情報を取り扱っております。


土地売買についてご相談などがございましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。


≪ 前へ|お気に入り探しが楽しい!品ぞろえが豊富な姶良市のおすすめスイーツ店   記事一覧   土地購入にはどのような費用がいくらかかる?それぞれ特徴や相場を知ろう|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る