サン・スター株式会社 > サン・スター株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 古家付き土地でも売却は可能!メリット・デメリットをご紹介します

古家付き土地でも売却は可能!メリット・デメリットをご紹介します

≪ 前へ|プレミアム率は20パーセント!鹿児島県霧島市のコロナ対策商品券   記事一覧   土地売却をするなら隣人がおすすめ?メリットから交渉のコツまで解説|次へ ≫
カテゴリ:「土地売買」のプロとして

戸建て住宅は一般的に30年経つと価値がゼロになるといわれており、これから売りたいと考えている方は、そのまま売るか更地にして売るかに悩まれる方も多いことでしょう。


古家付きの土地は一般的に取引しにくいイメージを持たれる方が多いですが、そのまま売り出すことにもメリット・デメリットがあります。


そこでこの記事では、これから土地の売却をご検討している方向けに、古家付きのまま売却するメリット・デメリット、注意点についてご紹介していきます。


古家付き土地


古家付きの土地を売却する際のメリットとは?


今まで長年住んでいた住宅や、相続によって所有した古家付きの土地を売却したい場合、住宅を残して売ることで取り壊す費用がかからないメリットがあります。


中古住宅の解体費用は150万円前後かかることも多いですので、費用負担をできるだけおさえたい方には大きなメリットとなるでしょう。


住宅が建っている土地は、更地と比べると固定資産税が安くなり、売却までの期間が長引いたとしても、税金を抑えられるメリットがあります。


購入者がそのまま中古住宅に住む場合や、リフォームして暮らしたい場合は、購入の際に住宅ローンを受けられるため、売買に繋がりやすい特徴もあります。


更地にするとどうしても土地が狭く見えてしまいますが、建物が建っているとより広く見せられ、購入者は住宅のイメージがしやすいこともメリットのひとつといえるでしょう。


古家付きの土地を売却する際のデメリット・注意点とは?


一般的に古家付き土地が売れにくいといわれる理由のひとつが、購入者が建物を壊す費用を支払わなければならないという点です。


売る側は費用負担がないメリットがありますが、新しく建てたい方は一度更地にしなければならないため、費用負担を考えて購入に繋がりにくいといったデメリットがあります。


そのため売却価格が低くなる傾向があり、思っていたよりも安い金額で売買が成立する可能性があります。


また、古家にもし欠陥があった場合、売り主に「契約不適合」として解約や損害賠償請求されるケースもありますので、売り出す際に「免責」として売り出すなどの注意が必要となります。


まとめ


古家付き土地は売りにくいイメージをお持ちの方が多いですが、売り主は解体費用を抑え、固定資産税を安くできるなどのメリットがあります。


新築として立て直されることを想定して売却価格が安くなるなどのデメリットはありますが、建物の状態や立地によって価値が下がらない場合もありますので、まずは不動産会社によく相談してみると良いでしょう。


サン・スター株式会社は、鹿児島県姶良市・霧島市を中心に土地の売買を行っております。

土地売買についてご相談などがございましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

≪ 前へ|プレミアム率は20パーセント!鹿児島県霧島市のコロナ対策商品券   記事一覧   土地売却をするなら隣人がおすすめ?メリットから交渉のコツまで解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る