サン・スター株式会社 > サン・スター株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 一般的な土地の売却とは違う!「盛土」について知っておきたいこと

一般的な土地の売却とは違う!「盛土」について知っておきたいこと

≪ 前へ|土地売却をするなら隣人がおすすめ?メリットから交渉のコツまで解説   記事一覧   姶良市にふるさと納税するとどんな返礼品がある?市の取り組みを知ろう!|次へ ≫
カテゴリ:「土地売買」のプロとして

住宅地のすべてが平たんな土地であれば良いのですが、売却したい場所が傾斜地であるケースも少なくありません。


傾斜地の使い勝手をよくするために「盛土」された土地を売却するには、一般的な土地の売却とは異なるポイントがいくつもあります。


この記事では、「盛土」についてや盛土にする際の注意点などについてご紹介したいと思います。


盛土


土地売却時に注意が必要な「盛土」と「大規模盛土造成地マップ」とは?


<「盛土」とは?>


国土の約7割が山地と丘陵地といわれる日本では、傾斜地も珍しくありません。


住宅地であっても坂道がある土地などは、使い勝手が良いとはいえません。


そのため、傾斜がある地盤面に、土砂を盛って平らにならす「盛土」が利用されています。


傾斜地以外にも、湿地や水田などの埋め立てなどで、活用されている場合もあります。


一方、傾斜地を切り出して、元の地盤を平らにする方法は「切土」です。


切土は、元の地盤をいかしているため比較的安定しているのに対し、盛土は地盤の上に土を重ねている構造上、一般的に切土よりも地盤が緩みやすく、安定するのに時間を要します。


また場合によっては、切土と両方を利用することで、宅地内に異なる強度の地盤が混在し、不同沈下を起こすこともあります。


盛土は、傾斜地の使い勝手を良くするために便利ですが、見た目だけでは盛土が施された土地かどうか、わかりにくいこともあります。


わからず売却してしまうと後々トラブルになる場合がありますので、事前に知っておきたいポイントをご紹介します。


<盛土の土地売却時にすべきこと>


土地売却する際には、まず自治体が公表している「大規模盛土造成地マップ」をチェックします。


もしも「大規模盛土造成地マップ」に記載された土地である場合、地盤が緩みやすい可能性から、災害の危険性に対しても考慮が必要です。


国土交通省の「大規模盛土造成地マップの公表状況について」から、調査資料などを開示している自治体へのリンクをたどることもできます。


さらに、売却時には「重要事項説明書」にも記載しておきます。


重要事項説明書で、大規模盛土造成地の記載義務はないのですが、売却後のトラブルを防ぐためには記載するほうが望ましいです。


売却する土地が盛土をしている場合に知っておきたい注意点とは?


しっかりと転圧して締め固めないと雨の影響などによって沈下したり、不十分な地盤改良工事で軟弱地盤になっていたりする可能性があります。


沈下が起きると、土地の上に立つ建物も同時に沈下することになってしまい危険です。


また、地滑りや崩落などの災害が起きる可能性は、考慮すべき注意点といえます。


まとめ


大規模に工事された場合は、一目で判別が難しいことが多いです。


買主に土地が渡った後も、トラブルは起きてほしくないですよね。


「大規模盛土造成地マップ」では、小規模なものの確認ができない場合もありますので、不安などがあるときは、信頼できる不動産会社の担当者へご相談ください。


土地売買専門のサン・スター株式会社は不動産売買情報を取り扱っております。

土地売買についてご相談などがございましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

≪ 前へ|土地売却をするなら隣人がおすすめ?メリットから交渉のコツまで解説   記事一覧   姶良市にふるさと納税するとどんな返礼品がある?市の取り組みを知ろう!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る