サン・スター株式会社 > サン・スター株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 土地購入で知っておきたい整形地・不整形地とは?メリット・デメリットも解説

土地購入で知っておきたい整形地・不整形地とは?メリット・デメリットも解説

≪ 前へ|姶良市にふるさと納税するとどんな返礼品がある?市の取り組みを知ろう!   記事一覧   土地を売却するときに知っておきたい!売却利益の仕訳方法とは?|次へ ≫
カテゴリ:「土地売買」のプロとして

土地を購入する際は、その土地の立地や広さ、そして土地の形や傾斜によって売買価格が変動してきます。


土地の形が整形地だった場合と不整形地だった場合には、建てられる家の大きさや、ハウスメーカーなどが提案する家が建てられるのかなど、さまざまな違いがあります。


そのため購入する前に、それぞれの特徴を知っておくと土地購入に役立ちます。


この記事では、これから姶良市や霧島市で土地の購入をお考えの方向けに、整形地と不整形地の違いや、それぞれのメリットデメリットについてご紹介していきます。


土地


土地購入で知っておきたい!整形地・不整形地の違いや特徴とは?


購入予定の土地の形を見たときに、長方形や正方形など、四角に整えられた土地のことを「整形地」と呼び、三角形や一部が凸凹になっている土地、傾斜がある土地のことを「不整形地」と呼びます。


整形地は、駐車場や家の形を自由にデザインしやすいほか、建設規制などもかかりにくく自由度が高い特徴がありますので、敷地を有効活用したい場合にはぴったりといえるでしょう。


都会で人気のエリアでは、玄関までの道が隣の家に挟まれた旗竿地や、L字型、三角形、台形など、四角に整っていない不整形地も多くあります。


また、傾斜や凸凹なども不整形地と呼ばれ、平らにするための工事が必要になることもあり、住宅建築の自由度は低くなる特徴があります。


土地購入で知っておきたい!整形地・不整形地のメリット・デメリット


整形地のメリット>


整形地は綺麗な四角で傾斜もなく真っすぐになっているため、ハウスメーカーが提案するモデルハウスなどが建てやすく、また売却する際にも売り出しやすいです。


整形地のデメリット>


人気度が高い分、購入する際の価格も高くなる傾向があります。


<不整形地のメリット>


隣接する道路面などの立地が良いと、ある程度自由が効く住宅建設ができます。


また、不整形地は整形地に比べて売買価格が安い傾向にあり、固定資産税や都市計画税などの税務面も安くなるメリットがあります。


不整形地のデメリット>


整形地と比べると建てられる家の大きさや形に制限がかかる。


整形地と不整形地はそれぞれにメリットデメリットがありますので、購入希望の土地がどのような形状をしているか、購入前にしっかり調べておくと良いでしょう。


まとめ


以上、整形地と不整形地の違いや、それぞれのメリットデメリットについてご紹介しました。


これから土地の購入を検討している場合は、その土地の形状が四角になっている整形地か、四角以外になっている不整形地かを事前に把握しておくと良いですよ。


土地売買専門のサン・スター株式会社は不動産売買情報を取り扱っております。

 

土地売買についてご相談などがございましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。


≪ 前へ|姶良市にふるさと納税するとどんな返礼品がある?市の取り組みを知ろう!   記事一覧   土地を売却するときに知っておきたい!売却利益の仕訳方法とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る