サン・スター株式会社 > サン・スター株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 法定相続人とはどんな人?土地の相続と法定相続人について

法定相続人とはどんな人?土地の相続と法定相続人について

≪ 前へ|新築戸建てに宅配ボックスを設置すれば便利!メリットとデメリットもご紹介   記事一覧   土地活用として駐車場経営はアリ?パターンとメリットデメリットを解説|次へ ≫
カテゴリ:「土地売買」のプロとして

法定相続人とはどんな人?土地の相続と法定相続人について

将来的に遺産相続があるという状況の方はいらっしゃると思いますが、なんだか難しそうというイメージがあるかもしれません。
また遺産と一言で言っても、土地、現金、その他の物で対応が異なります。
今回はそんな相続関連の知識のなかでも、法定相続人について解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

土地を相続する場合の法定相続人、範囲はどこまで?

法定相続人とは、民法で定められた相続可能な人のことを指します。
法定相続人は配偶者と親族が該当しますが、範囲と相続順位が決まっています。
まず配偶者はどんな場合であっても必ず相続が発生します。
配偶者以外の法定相続人には順位が決められており、高いほうから順に①子供(直系卑属)、②親(直系尊属)、③兄弟姉妹、となります。
相続は戸籍上の関係がもとになって決まりますので、長年のパートナーであっても事実婚の場合や、子供でも正式な養子縁組をしていない再婚相手の連れ子には相続権がありません。
また、相続人であっても「相続欠格」「相続人廃除」に該当すると相続権を失います。
相続欠格とは、被相続人(亡くなった人のこと)や相続人を死亡させた、脅迫するなどして遺言書の内容を変更させた、などの理由で該当します。
相続人排除とは、相続人が被相続人を虐待したり侮辱したりした場合に、被相続人本人がその人の相続権を失くしてしまえる制度のことです。

土地相続する場合の法定相続人、どんな割合で相続できる?

次にそれぞれの法定相続人の相続の割合をみていきますが、いくつかのパターンがあります。

●配偶者のみ → すべて
●配偶者と子供 → 配偶者2分の1、子供全員で2分の1
●配偶者と親 → 配偶者3分の2、親3分の1
●配偶者と兄弟姉妹 → 配偶者4分の3、兄弟姉妹全員で4分の1
●子供のみ → すべて
●親のみ → すべて
●兄弟姉妹のみ → すべて


ただしこれはあくまで目安ですので、相続人全員の合意があれば上記のような割合でなくてもかまいませんし、被相続人が相続の配分を決めたいときには遺言書を作成して反映できます。
土地や車など、そのものを分けられない遺産については、現物分割、代償分割、共有分割、換価分割などいくつか方法があります。
ただ、その土地を相続後に売却を考えている場合には、複数人の共有名義にするのではなく、単独名義にして遺産分割協議書を作成することをおすすめします。

まとめ

今回は法定相続人の範囲や相続順位などについて解説しました。
これらの規定は土地の相続に限った内容ではありません。
可能な限り被相続人と相続人どうしで、土地の分け方や節税について事前に話し合っておくと揉める原因を減らせます。
私たちサン・スター株式会社は姶良市、霧島市を中心に土地をご案内しています。
土地探しの際は、までぜひご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|新築戸建てに宅配ボックスを設置すれば便利!メリットとデメリットもご紹介   記事一覧   土地活用として駐車場経営はアリ?パターンとメリットデメリットを解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る