サン・スター株式会社 > サン・スター株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 土地を購入する時の失敗しない選び方とは?見分け方やポイントをご紹介!

土地を購入する時の失敗しない選び方とは?見分け方やポイントをご紹介!

≪ 前へ|姶良市で子どもと遊べる施設「ふぇすたらんど重富」とはどんな所?   記事一覧   土地を購入したら?挨拶回りのタイミングと範囲とは|次へ ≫
カテゴリ:「土地売買」のプロとして

土地を購入する時の失敗しない選び方とは?見分け方やポイントをご紹介!

 

土地の購入は家と同じで気軽に買い替えることが難しい大きな買い物であり、誰もが失敗したくないと思うものです。
ではどのように土地を選べばよいのかのはご存じでしょうか?
今回は失敗しない土地選びに注目し、購入の際の土地の見分け方や、抑えるべき選び方のポイントについてご紹介したいと思います。

弊社へのお問い合わせはこちら

買うべき土地や買ってはいけない土地の見分け方とは

土地にはそれぞれ「地目」と言う、区分された種類があります。
一般的に、田・畑、宅地、山林、原野、池沼、墓地、公園といった地目がよく見られ、土地の登記事項に記載されています。
地目は変更されている場合も多いですが、以前どんな土地だったかは登記簿で確認することができます。

買うべき土地、良い土地とは?

上記を踏まえたうえで、買うべき土地、良い土地の見分け方をご紹介します。

●地盤がしっかりしている
土地において地盤の丈夫さはとても大切なポイントです。
地盤が軟弱な場合、補強や土地造成などの追加工事が必要となります。

●災害に強い
過去の災害歴やハザードマップを確認し、災害に遭う可能性の低い土地を選びましょう。

●境界がはっきりしている
境界は後々揉め事の種になりやすいので、隣人と共通認識のもと、図面通りに「境界標」が打ち込まれている土地がよいでしょう。

●周辺環境が充実している
生活スタイルに見合った施設が周辺にあることも大事なポイントです。

●日当たりが良い
やはり日当たりは良い方が暮らしやすい土地と言えます。

十分な確認が必要な土地とは?

反対に、買って後悔してしまうことがないように、十分に確認してから購入を決めたほうが良い土地の見分け方には、次のような条件があります。

●極端な変形地
●道路に接していない土地
●周囲より低い位置にある土地
●土地の前に消火栓がある
●抵当権がついている土地


上記のような条件の土地は、建築時に制限がかかったり、後に売却する際に売りづらかったりします。
また、抵当権が付いている土地はトラブルの元となる為、抵当権が抹消されるまで購入は控えた方がよいでしょう。

土地選びに失敗しないためには実際に見学を

土地購入の際に失敗しない為の選び方のポイントとして、次のような事柄が挙げられます。

●自分の希望条件をまとめておく
●土地購入を決める前に実際に現地を見学しておく
●用途用地の分類を確認しておく
●周辺施設や環境、自治体情報をチェックしておく


特に該当の土地を実際に現地で見るというのはとても大事です。
交通面や周辺環境、地域の雰囲気や日当たりも知ることができるので、可能であれば時間帯を変えて何度か見学するとよいでしょう。

まとめ

土地選びでは、避けた方が良い土地の見分け方や良い土地の選び方を把握したうえで、土地に関する情報の下調べや現地を見学して体感することがとても大切です。
自分たちの希望に叶う、より良い土地を見つけられるとよいですね。
私たちサン・スター株式会社は姶良市、霧島市を中心に土地をご案内しています。
土地探しの際は、までぜひご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|姶良市で子どもと遊べる施設「ふぇすたらんど重富」とはどんな所?   記事一覧   土地を購入したら?挨拶回りのタイミングと範囲とは|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る