サン・スター株式会社 > サン・スター株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 土地購入時には控除や還付の為の確定申告が必要!準備すべき書類とは?

土地購入時には控除や還付の為の確定申告が必要!準備すべき書類とは?

≪ 前へ|霧島市のふるさと納税に関する取り組みとは?   記事一覧   霧島市で開業される星野リゾート「界」をご紹介します|次へ ≫
カテゴリ:「土地売買」のプロとして

土地購入時には控除や還付の為の確定申告が必要!準備すべき書類とは?

 

土地を購入すると確定申告が必要になるというのはご存じの方が多いと思います。
確定申告をするとどのようなメリットがあるのでしょうか?
今回は土地の購入と確定申告に注目し、必要となる書類や、確定申告によって利用できる控除制度などについてご紹介したいと思います。

弊社へのお問い合わせはこちら

確定申告をする理由と準備しておく必要書類とは?

土地を購入したら確定申告はなぜ必要?

土地を購入して住宅を建てた場合、一定の条件を満たしていれば、住宅ローン控除や認定住宅新築等特別税額控除などといった税金の還付が受けられる場合があります。
住宅ローン控除などの適用を受けるためには、適用初年度、つまりローンを組んだ翌年の確定申告期間内(毎年2月16日~3月15日)に確定申告を完了する必要があります。
確定申告とは、前年の1月1日~12月31日に取得した所得にかかる税金を納める手続きのことで、前年の納税金額が多すぎたと判断された場合に税金が還付される仕組みです。
初年度に確定申告を行っておけば、翌年以降は年末調整で計算されるので申告は不要となります。

確定申告に必要な書類とは?

土地購入後の確定申告に必要な書類は次の通りです。

●土地と建物の全部事項証明書
●土地の売買契約書コピー
●建物の売買契約書又は建築請負契約書コピー
●住宅ローン年末残高等証明書
●登記費用等、取得時費用の領収証コピー
●仲介手数料領収証コピー
●マイナンバーカードまたはマイナンバー記載の住民票の写し

「住宅ローン控除」「認定住宅新築等特別税額控除」とは?

先述のとおり、土地購入後に住宅を建てた場合に利用できる「住宅ローン控除」と「認定住宅新築等特別税額控」について、具体的にご説明します。

住宅ローン控除とは

住宅ローン控除とは、住宅ローン等を利用してマイホームの新築や取得、増改築等をし、令和3年12月31日までに自宅として住む場合で一定の要件を満たすと、住宅ローン等の年末残高の合計額等に基づいた金額を所得税額から控除できる制度です。
新築住宅では「ローン返済期間が10年以上」「合計所得金額が3,000万円以下」など、中古住宅では「贈与で取得した住宅でない」「耐火建築物の場合は取得した時点で築25年以内である」などの要件があります。

認定住宅新築等特別税額控とは

認定長期優良住宅に該当する住宅を新築又は取得をした場合、又は低炭素建築物に該当する住宅を新築又は取得をした場合で一定の要件を満たすと、認定を受けるために必要な費用の「10%」にあたる金額が所得税額から控除される制度です。
「新築、取得した日から6カ月以内に入居すること」「合計所得金額が3,000万円以下」などの要件があります。

まとめ

確定申告はしなくても罰せられることはありません。
ですが上記のような控除制度に該当し受ける場合は確定申告が必要となるので、初年度に忘れずに行いましょう。
サン・スター株式会社は、鹿児島県姶良市・霧島市を中心に土地の売買を行っております。
不動産に関するお問い合わせは、ぜひ弊社までお気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|霧島市のふるさと納税に関する取り組みとは?   記事一覧   霧島市で開業される星野リゾート「界」をご紹介します|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る