サン・スター株式会社 > サン・スター株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 土地売却の際の注意点!埋設物にかかる瑕疵担保責任とは?

土地売却の際の注意点!埋設物にかかる瑕疵担保責任とは?

≪ 前へ|姶良からおすすめのドライブスポットを紹介   記事一覧   リフォームとリノベーションの違いってなに?用語解説・費用に違いがある?|次へ ≫
カテゴリ:「土地売買」のプロとして

土地売却の際の注意点!埋設物にかかる瑕疵担保責任とは?

土地の売却理由は、相続や住み替え、転勤などさまざまなケースが考えられます。
しかしどのような場合であっても、不動産の売買は高額な取引が予想されるため、土地の売却はライフイベントの一つといっても過言ではないでしょう。
今回は、土地の売却後のトラブル防止のために知っておきたい、地中埋設物とそれに伴う瑕疵担保責任についてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

土地を売却する前に知っておきたい!地中埋設物と瑕疵担保責任

土地を売却する前に、売主として確認しておきたいことの一つに、「売却前の土地の使用方法と地中埋設物の有無」が挙げられます。
地中埋設物とは、字の通り地面の中に埋まっているものを指し、具体的には建築廃材や、水道管、古井戸などの廃棄物がこれにあたります。
実は、廃棄物処理に対する規制が厳しくなかった時代には、解体作業などで出た廃材を地中に埋めてしまうといった例が少なくありませんでした。
そのため、所有者に心当たりがなくても売却する土地に埋設物が存在し、土壌汚染や地盤沈下、新しく建物を建てる際の障害となる場合もあります。
埋設物を取り残したまま土地を売却し、買主が工事を始めてからその存在が発覚した場合、売主は瑕疵担保責任に問われます。
瑕疵担保責任を問われた場合、買主から埋設物を取り除くための費用を請求される可能性があり、加えて工事の中断、説明義務違反などを理由に損害賠償の請求、最悪の場合裁判にまで発展する例もあり、注意が必要です。
そのため、あらかじめ土地の使用目的や埋設物があるかどうかについて把握しておくことが売却後のトラブル回避につながります。

基礎杭は撤去不要な埋設物?土地売却時買主とのトラブルを回避するために

基本的に売主には地中埋設物を撤去する義務がありますが、なかには埋設物を撤去しなくてもよい場合があります。
たとえば基礎杭の場合は、そのすべてを撤去しなくても問題はありません。
基礎杭とは、コンクリート造りの建設物やビルを建築する際に地中深くまでうめこまれる杭のことをいいます。
基礎杭は土壌汚染や地盤沈下への影響はなく、地中深くまで埋まっているので基礎杭を掘り起こすためには膨大な手間と費用を要します。
そのため、地表近くの杭だけを部分的に切り出し、残りは埋めたままにしておく、というケースが少なくありません。
ただし、売却後のトラブルを避けるためにも、土地の売却時には不動産仲介業者や買主に対し重要事項として基礎杭がある旨を伝えておくとよいでしょう。

まとめ

今回は、土地の売却を検討する方に向けて、埋設物と瑕疵担保責任、埋設物の撤去が不要な場合についてご紹介いたしました。
土地の売買は売主と買主どちらにとっても人生において重要な選択が迫られる場面です。
トラブルや後悔のないよう、事前の準備・相談の場と慎重さを重視することをおすすめします。
土地売買専門のサン・スター株式会社は不動産売買情報を取り扱っております。
土地売買についてご相談などがございましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|姶良からおすすめのドライブスポットを紹介   記事一覧   リフォームとリノベーションの違いってなに?用語解説・費用に違いがある?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る