サン・スター株式会社 > サン・スター株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 土地を購入したら?挨拶回りのタイミングと範囲とは

土地を購入したら?挨拶回りのタイミングと範囲とは

≪ 前へ|土地を購入する時の失敗しない選び方とは?見分け方やポイントをご紹介!   記事一覧   狭小住宅を上手に不動産売却する方法とコツ|次へ ≫
カテゴリ:「土地売買」のプロとして

土地を購入したら?挨拶回りのタイミングと範囲とは

マイホームを建てる際、その後のご近所づきあいを見据え、近隣住宅へ挨拶をするというのが一般的です。
土地購入後、建築工事前、マイホーム建設後、引っ越し後など、挨拶の機会はさまざまで、いつどのように挨拶をおこなうべきか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、挨拶回りのタイミングや範囲、粗品を選ぶ際に押さえておきたいポイントなどについてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

土地購入後にするべき?挨拶のタイミングとは

挨拶回りのタイミングといえば引っ越し後という印象がありますが、マイホームを建てる場合では、工事着工前と引っ越し後、計2回の挨拶をするケースが一般的です。
新築工事をおこなう場合、工事中の車両の通行や騒音、砂埃などで近隣住宅に迷惑がかかります。
そのため、工事の告知や工事中迷惑をかけることに対して断りを入れる意味でも、着工前に一度挨拶をしておくのはマナーです。
着工前のタイミングとしては、地鎮祭が終わった直後、着工直前がおすすめです。
購入した土地に建物があり、その撤去作業から工事が始まる場合は、同様の理由から撤去作業前の挨拶がいいでしょう。
そして引っ越し後には、その後の付き合いをお願いする意味合いで、改めて挨拶をします。
ご近所で良好な関係を築くことで、防犯や災害時の情報共有や、トラブル回避にもなります。
最初の印象は良好な関係づくりに重要です。

土地購入後の挨拶のポイント!範囲と粗品の目安とは?

挨拶回りに行く際は、悪い印象を与えないように、基本的なマナーを押さえておくとよいでしょう。

挨拶回りの範囲について

住宅が密集している地域の場合、両隣、真向い、真向いの両隣、裏で接する家に対しての挨拶は最低限行います。
加えて、町内会や自治会がある場合、町内会長や地域の班長、自治会長などにも挨拶しておくと印象がよいでしょう。
また、着工前の挨拶は上記に加えて工事車両の通行などで迷惑がかかりそうな家庭があれば挨拶しておくことをおすすめします。

挨拶回りの粗品選びについて

粗品を持っていく場合は、500円から2000円を予算に、日常生活で使うものや、日持ちするようなお菓子などが喜ばれます。
あまり高額なものや、形として残ってしまうものは、相手に気を遣わせてしまったり、迷惑になったりするので控えます。
タオルやクッキーなど焼き菓子の詰め合わせ、洗濯洗剤などが一般的です。
また、粗品には「ご挨拶」または「粗品」と表書きした熨斗に、白と赤の水引をつけましょう。

まとめ

今回は、挨拶回りの最適なタイミングや範囲、粗品選びのポイントなどについてご紹介しました。
マイホームを建てる場合、その立地や周辺環境、家の間取りなども重要ですが、近隣住民との人間関係も重要なポイントの一つです。
長く付き合っていくご近所との関係を円滑にするために、いざというときのためにも顔と名前を覚えてもらう挨拶は怠らないようにしましょう。
サン・スター株式会社は、鹿児島県姶良市・霧島市を中心に土地の売買を行っております。
不動産に関するお問い合わせは、ぜひ弊社までお気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|土地を購入する時の失敗しない選び方とは?見分け方やポイントをご紹介!   記事一覧   狭小住宅を上手に不動産売却する方法とコツ|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る