サン・スター株式会社 > サン・スター株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 土地購入時にかかる不動産取得税は大幅軽減が可能?徹底解説

土地購入時にかかる不動産取得税は大幅軽減が可能?徹底解説

≪ 前へ|霧島市の子育て支援!ファミリー・サポート・センター霧島とは?   記事一覧   霧島市のキャンプ場「霧島高原国民休養地」とは?冬キャンプについてもご紹介!|次へ ≫
カテゴリ:「土地売買」のプロとして

土地購入時にかかる不動産取得税は大幅軽減が可能?徹底解説

土地や住宅の購入を検討する際、費用や諸経費、税金などのコスト面を重要視される方が多いでしょう。
不動産購入時に発生するもろもろの費用は、のちの後悔を避けるためにも、事前に緻密な計画を立てておくことが求められます。
そこで今回は不動産の購入を検討されている方に向けて、購入時にかかるさまざまな税金のうち、「不動産取得税」についてご説明します。

弊社へのお問い合わせはこちら

土地購入時に着目したい不動産取得税とその計算方法

「不動産取得税」とは

不動産取得税とは、土地や住宅などの、不動産の取得時に課せられる税金です。
各都道府県から求められる地方税になり、不動産の購入時には速やかな申告が求められます。
有償か無償、登記の有無などに関係なく課税対象となるものです。

課税額の具体的な計算方法

取得時にかかった不動産の金額によって、不動産取得税が算出されます。
その具体的な計算方法は以下のとおりです。

●不動産取得税=取得した不動産の価格×標準税率(原則4%)
取得した不動産の価格とは、固定資産課税台帳に登録される価格、いわゆる固定資産税評価額を指します。
たとえば、固定資産税評価額1000万円の土地を購入した場合、1000万に4%をかければよく、つまり40万円が不動産取得税と算出されます。

不動産取得税の負担を軽減!軽減措置を活用した土地購入を

不動産取得税にはいくつかの軽減措置があり、条件に適えば節税に。
なかには期限があるものもあるので、土地を購入する際は事前に活用できる軽減措置を把握しておくことが重要です。

期限内に購入することで適用される特例

2021年3月31日までに取得した土地と住宅については、算出時の税率が3%に引き下げられます。

宅地の購入により適用される特例

さらに、2021年3月31日までに取得した宅地と宅地に準ずる土地に関しては、課税標準額が2分の1になる特例があります。
それまでに宅地を購入した場合、2つの特例措置の適用が可能となり、計算方法は以下のとおりです。

●不動産取得税=(取得した不動産の価格×1/2)×標準税率(3%)
なお、宅地とは建物の敷地及びその維持もしくは効用を果たすために必要な土地を指します。

新築住宅の建築に際した控除

新築住宅を建てる際、住宅が貸家ではなく、その床面積が50㎡以上240㎡以下である場合、1200万円分がその課税額から控除されます。
ただし、土地を先に購入し、住宅をあとから建てる場合は、都道府県税事務所に申告をおこなった上で土地取得から3年以内に要件を満たす建物を建築する必要があります。

まとめ

今回は不動産を取得した際に課せられる不動産取得税と、その減額のための方法についてご紹介しました。
納税額の計算方法と軽減措置を事前に把握しておくことで、土地購入時にかかる費用の負担を軽くすることが可能です。
試算が複雑な場合は税理士など専門家に相談するのもおすすめです。
土地売買専門のサン・スター株式会社は不動産売買情報を取り扱っております。
土地売買についてご相談などがございましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|霧島市の子育て支援!ファミリー・サポート・センター霧島とは?   記事一覧   霧島市のキャンプ場「霧島高原国民休養地」とは?冬キャンプについてもご紹介!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る