サン・スター株式会社 > サン・スター株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 不動産の土地の「使用貸借」と賃貸借の違いとは?相続する場合の注意点を解説

不動産の土地の「使用貸借」と賃貸借の違いとは?相続する場合の注意点を解説

≪ 前へ|家族のお出かけにおすすめ!霧島市の公園を紹介   記事一覧   これから春本番!姶良市のウォーキングイベントで四季を感じよう|次へ ≫
カテゴリ:「土地売買」のプロとして

不動産の土地の「使用貸借」と賃貸借の違いとは?相続する場合の注意点を解説

「使用貸借」という言葉をご存じでしょうか?
不動産だけに限らず、他人から何かを借りる場合には「賃貸借」と「使用貸借」の2種類があります。
使用貸借はあまり聞き慣れない言葉ですが、誰もが経験したことがあるのではないでしょうか。
不動産における使用貸借は、相続する場合には特に注意が必要です。
そこで今回は、「使用貸借」とはどういったものか、また相続する場合の注意点について解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

契約書は必要?金銭が発生しない「使用貸借」とは

「使用賃借」とは、一言で説明すると物の貸し借りにおいて金銭が発生しない場合を指します。
例えば、駐車場を借りる時には1時間何円と決まった金銭を対価として支払いますよね。
賃貸物件に居住する場合も同じく、家賃を支払う代わりに部屋を借りる権利を得ています。
しかし、使用賃借は無料で物や土地を借りる場合を言います。
例えば、両親が住んでいたマンションを親から無料で借りて暮らす場合などがこれにあたります。
ただし、どちらも物を借りていることに変わりはないため、持ち主に返却することが前提となります。

「使用賃借」によって相続する場合の注意点

一見、お得な気がする使用賃借ですが、実は気を付けなければトラブルに巻き込まれることも。
特に注意しなければならないのが相続問題です。
使用賃借におけるトラブルの原因として多いのが、親の土地を借りてその土地に自分の家を建てるケースです。
使用賃借そのものは契約書がなくても口頭の約束だけで成り立つため、両親とは合意の上で土地を使用賃借して家を建てたものの、両親が亡くなり他の兄弟が土地を相続した時に立ち退きを強要されるトラブルが多くなっています。
この場合、当時の約束通りの使用法で土地を使用する限りは、両親との使用賃借は継続して成り立つため立ち退く必要はありませんが、もしも土地の持ち主である親と使用賃借を交わした本人が亡くなってしまった場合は使用賃借は効力を失ってしまいます。
こういったトラブルを防ぐためにも、例え親子間であっても契約内容を書面に残しておくことをおすすめします。
また、相続の際に注意したいのが土地の評価です。
使用賃借の対象となる土地は「更地」としてみなされるため、貸家建付地の減額などが適用されないため注意が必要です。

まとめ

使用賃借は通常の賃貸借とは権利関係が異なります。
使用賃借する際に、あらかじめ関係者間で権利関係をきちんと把握しておくことで後の相続トラブルも防ぐことに繋がりますよ。
サン・スター株式会社は、鹿児島県姶良市・霧島市を中心に土地の売買を行っております。
不動産に関するお問い合わせは、ぜひ弊社までお気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|家族のお出かけにおすすめ!霧島市の公園を紹介   記事一覧   これから春本番!姶良市のウォーキングイベントで四季を感じよう|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る