サン・スター株式会社 > サン・スター株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 不動産の売却にあたって取引が長引くケースについて

不動産の売却にあたって取引が長引くケースについて

≪ 前へ|霧島市では子どもの医療費の自己負担が無料!年齢の拡充がされます   記事一覧   姶良市で人気の名所をご紹介!神社でパワーをもらおう!|次へ ≫
カテゴリ:「土地売買」のプロとして

不動産の売却にあたって取引が長引くケースについて

不動産の売買は予想以上に取引が長引くケースが珍しくありません。
どういった場合に長引くのか、長引いた場合にどうすればよいのか気になる方もいるでしょう。
特に不動産売却が長引くと何度も購入希望者の目に入るため、問題がある物件だと思われて、ますます売れにくくなるばあいがあります。
この記事では不動産の売却にあたって取引が長引くケースについてその原因と対処法をご説明します。
不動産の売却を検討している方、これから取引を控えている方はぜひ参考にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産の売却にあたって取引が長引く原因

一般的に不動産の売却が決定してから引渡しまでは3か月から6か月かかるとされています。
売却完了までに時間がかかる主な原因はさまざまです。
まず売却を開始したタイミングに問題があったケースです。
不動産は売れやすい時期がありますが、それを逃すと好条件の物件でもなかなか買手が付かなくなるでしょう。
物件の立地条件に問題があるケースも多いです。
需要の高い地域で売り出せば多くの購入希望者が見込めますが、田舎の物件であったりアクセス面に不便があると需要が低くなり売却が長引く可能性が高いです。
物件の価格設定が適正でない場合も買手が付きにくくなります。
相場よりも高い価格で売られている物件はかなりの好条件でもない限り売却に時間がかかります。

不動産の売却にあたって取引が長引くケースの対処法

不動産の売却が長引く場合、売り出し条件を見直す必要があります。
築年数や間取り、広さ、立地など物件の情報をもとに相場をリサーチして、自分が売りたい物件の価格が高すぎないか検討しましょう。
自分で調べるのが難しい場合は不動産会社へ依頼して専門家に価格を見直してもらうのがおすすめです。
内覧希望者はいるのに契約まで至らないのであれば、内覧時の印象をよくする工夫が必要です。
清掃や整理整頓はもちろんのこと、部分的にハウスクリーニングを依頼したりリフォームしたりするのもおすすめです。
特に生活感の出やすいお風呂やキッチンなどの水回りはきれいな状態にしておくよう心がけましょう。
また、相場の7~8割程度の売却金額になってしまいますが、不動産を買取に出すことを検討してみるのも手段の1つです。

まとめ

以上、不動産の売却において取引が長引くケースについて、その原因と対処法をご紹介しました。
不動産の売却を考えている方やこれから売却取引をおこなう方はぜひ参考にしてください。
私たちサン・スター株式会社は姶良市、霧島市を中心に土地をご案内しています。
土地探しの際は、までぜひご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|霧島市では子どもの医療費の自己負担が無料!年齢の拡充がされます   記事一覧   姶良市で人気の名所をご紹介!神社でパワーをもらおう!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る