サン・スター株式会社 > サン・スター株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 霧島市では子どもの医療費の自己負担が無料!年齢の拡充がされます

霧島市では子どもの医療費の自己負担が無料!年齢の拡充がされます

≪ 前へ|これから春本番!姶良市のウォーキングイベントで四季を感じよう   記事一覧   不動産の売却にあたって取引が長引くケースについて|次へ ≫
カテゴリ:姶良市・霧島市について

霧島市では子どもの医療費の自己負担が無料!年齢の拡充がされます

霧島市では子育て支援事業の一環として、非課税世帯の未就学児を対象に、医療費の自己負担分を無料にする制度をおこなっています。
それが今回、さらなる経済的負担の軽減に向けて、対象者を高校修了年度までに引き上げるよう見直しがされることになりました。
今回は、霧島市の子どもの医療費における制度について、開始時期と手続きの方法を紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

霧島市の子どもの医療費は自己負担なし!無料となる対象範囲が拡大されます

霧島市ではこれまで非課税世帯の0歳~中学卒業までの子どもを対象に、県内の医療機関を受診した際の医療費の自己負担分を無料にする制度を実施していました。
令和3年4月からは、非課税世帯の0歳~高校修了年度までに対象者を引き上げる「子ども医療給付制度」が開始されます。
非課税世帯であり、生活保護やほかの医療扶助を受けておらず、健康保険に加入している子どもが対象です。
県内の医療機関の受診に限り、以下の4つの医療費が対象となります。

●医療機関での保険診療費
●薬局での保険調剤費
●訪問看護ステーションでの訪問看護療養費
●整骨院・接骨院での柔道整復療養費


ほとんどのケースで対象となり、万が一子どもが体調を崩しても自己負担分が無料となるのは経済的にありがたいポイントでしょう。

霧島市では子どもの医療費の自己負担が無料!年齢の拡充における手続き

子ども医療給付制度を利用する際は、霧島市役所の窓口で子ども医療給付受給資格者証の交付を受ける必要があります。
重度心身障害者医療費助成を受給中、または出生・転入などにより新たに医療費助成資格を登録する場合、必要なものは以下のとおりです。

●子どもの健康保険証
●保護者名義のキャッシュカードまたは通帳
●認め印


子ども医療費助成またはひとり親家庭医療費助成の資格が登録されている場合、窓口での手続きは必要ありません。
医療機関を受診する際に、健康保険証と資格者証を窓口に提示すると自動的に制度が適用され、医療費の自己負担分が無料となります。
資格者証を忘れた場合はいったん窓口で自己負担分を支払い、後日助成金支給申請書に領収書を添えて市の窓口で申請すると、払い戻しを受けられます。
その場で資格者証を提示できなくても、制度の対象者である限り問題はないですが、あとの手続きが少し手間になるので、なるべく忘れないようにしましょう。

おすすめ物件情報|霧島市の物件一覧

まとめ

霧島市ではより良い子育て環境の整備に励んでいます。
令和3年4月からは、非課税世帯の子どもの医療費が無料となる対象年齢の拡充が実施されるので、さらなる経済的負担の軽減につながるでしょう。
世帯の状況によっては市の窓口での手続きが必要となるので、紹介した手続きの方法を参考にしてください。
私たちサン・スター株式会社は姶良市、霧島市を中心に土地をご案内しています。
土地探しの際は、までぜひご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|これから春本番!姶良市のウォーキングイベントで四季を感じよう   記事一覧   不動産の売却にあたって取引が長引くケースについて|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る