サン・スター株式会社 > サン・スター株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 土地活用にあたって初期投資を抑えたい!知っておきたい2つの方法とは

土地活用にあたって初期投資を抑えたい!知っておきたい2つの方法とは

≪ 前へ|姶良市で人間ドックを受けるなら?おすすめの医療機関をご紹介   記事一覧   土地活用として介護施設を選ぶメリットとデメリット!安定した施設経営のためには?|次へ ≫
カテゴリ:「土地売買」のプロとして

土地活用にあたって初期投資を抑えたい!知っておきたい2つの方法とは

土地は所有しているだけで税金が発生するため、何かへと使いたいものの、莫大な初期費用がかかるのは避けたいところでしょう。
そのようなときに用いられる、元手がほぼかからない活用方法があります。
ここでは土地をしっかり使いたい方に向け、初期費用のかからないお得な方法を2つ紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

初期投資は抑えたい!手軽な土地活用法である事業用定期借地権とは

事業用定期借地権とは、事業をおこないたい誰かに期限を定めて土地を貸し、対価として土地代を受け取る方法です。
あくまで土地を貸すのみであり、運用にあたって建物や駐車場などを用意する必要はなく、空き地があれば手軽に始められるのです。
貸付期間は事前に決定し、延長はできないため、所有地が確実に戻ってくる安心感があります。
20~30年といった長期の設定も可能であり、長きにわたって安定的に一定の収入を得られる可能性もあります。
ただ、地主の方の都合で中途解約はできないため、将来別の目的で土地を使いたい場合は提供期間に注意しましょう。
さらに、初期投資が不要である代わりに受け取れる金額は一般的にあまり高くないため、割に合うかどうかは事前に確かめておきましょう。

莫大な初期投資は不要!等価交換も元手を抑えたいときに向いている土地活用法

等価交換は商業施設やマンションなどを建てる事業者などへと土地を提供する方法です。
先ほどと違って土地だけを期間限定で貸すわけではなく、広い意味では業者と共同で不動産を開発し、運用する方法なのです。
しかし地主の方は土地を提供するのみでよく、建物などの建築費用は業者側が負担します。
住宅ローンなどで莫大な資金を借りる必要がないため、開発や運用にあたって借金を背負うこともありません。
それでいて、出資比率に応じて完成した建物の所有権を一部得られます。
不動産の本格的な運用に興味はあるものの、土地をうまく活用するための元手やノウハウがない方などに向いている方法です。
ただし、完成した物件や提供した土地は、パートナーである業者と共同で所有するのが基本であり、扱いが難しいことがあります。
また、仮に運用が成功して多額の収益を上げたとしても、地主の方が受け取れるのは出資比率に応じた一部のみです。
多額の収益につながりにくい点は先の方法と共通であるため、見込まれる利益は事前によくチェックしておくとよいです。
また、予定されている建造物や提供した土地などの所有権を業者とどのように持ち合うか、慎重な話し合いが必要な点にも注意してください。

まとめ

以上のように、多額の資金を用意せずとも土地を使用できる方法がいくつかあるため、空き地さえあれば何らかの運用は可能です。
税金対策も含めて何かしたいものの、費用やノウハウがなくてお悩みの際など、ぜひ検討してみてください。
私たちサン・スター株式会社は姶良市、霧島市を中心に土地をご案内しています。
土地探しの際は、までぜひご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|姶良市で人間ドックを受けるなら?おすすめの医療機関をご紹介   記事一覧   土地活用として介護施設を選ぶメリットとデメリット!安定した施設経営のためには?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る