サン・スター株式会社 > サン・スター株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 相続税対策に土地活用が有効とされる理由とは?具体的な方法も解説

相続税対策に土地活用が有効とされる理由とは?具体的な方法も解説

≪ 前へ|引越し後にガーデニングがしたい!霧島市にある花屋をチェック   記事一覧   不動産の共同名義とは?共有するメリットとデメリットや注意点を紹介|次へ ≫
カテゴリ:「土地売買」のプロとして

相続税対策に土地活用が有効とされる理由とは?具体的な方法も解説

税金は誰にでも等しくかかってくるものです。
きちんと対策を打っておかないと、思わぬ形で税金がかかり損をしてしまうことがあるので注意しましょう。
この記事では、相続税の有効な対策方法となる土地活用について解説しています。
相続税対策だけを目的にして土地活用をするのはリスクがありますが、現金でそのまま相続するより確実に対策が打てるでしょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

本当に大丈夫?土地活用が相続税対策になる理由とは

相続税の金額は、土地の大きさや資産価値だけでは決まりません。
そこからその土地をどのように使っていくかで、税金の金額は変わっていきます。
ましてや相続そのものを現金でおこなう場合もあります。
現金の相続を100%とした場合、どのように手を加えることで税金は減ってくのでしょうか。

現金をそのまま相続せず建物にする:約40%減

お金を建物に変えて相続するだけで、相続税評価額は4割程度下がります。
というのも、不動産の評価は時価も大きく関わり、正確な評価ができないとされているからです。

建物(建築物)を貸家にする:約30%減

建物に変えたあと、人に貸すことを決めるとさらに追加で3割税金が減額されます。
つまり、5,000万円の現金を建物にするだけで評価額は2,000万円になります。
そこから、貸家用の建物にしたとなると評価額は3割減って1,400万円です。

特例を利用すれば約50%~80%減とすることも可能

いくつか満たすべき条件はありますが、小規模住宅などの特例が利用できるとさらに評価額を減らせます。

相続税対策として土地活用する方法2つ

税金対策に土地活用をするなら、とれる方法は2つあります。
相続は現金ではなく建築物に、建築物は人に貸せるようにすることで相続税の評価額がどんどん減らせるのは前述のとおりです。
それらの条件をクリアするには以下の方法を検討してください。

賃貸経営

相続をきっかけに土地活用をするなら、方法の1つに賃貸経営があります。
単純に相続した土地を何もせず放置するくらいなら、賃貸経営をして税金を減らし家賃収入まで得てしまおうという方法です。

高齢者施設経営

時代のニーズも捉えると、有料老人ホームなどの高齢者施設を検討するのも良いでしょう。
いずれの方法も継続的な運営が必要なので、相続税対策のためだけに安易に手を出すのは辞めましょう。

まとめ

単純に現金を相続するだけではなく、現金は建築物に、建築物は貸家にすることで税金の対策が可能です。
相続税評価額を下げるには、貸家として家を貸すのが最善です。
しかし、相続税対策だけで安易に手を出すにはハードルが高いので、きちんと計画を立ててから運用しましょう。
サン・スター株式会社は、鹿児島県姶良市・霧島市を中心に土地の売買を行っております。
不動産に関するお問い合わせは、ぜひ弊社までお気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|引越し後にガーデニングがしたい!霧島市にある花屋をチェック   記事一覧   不動産の共同名義とは?共有するメリットとデメリットや注意点を紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る