サン・スター株式会社 > サン・スター株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 土地活用として駐車場経営はアリ?パターンとメリットデメリットを解説

土地活用として駐車場経営はアリ?パターンとメリットデメリットを解説

≪ 前へ|法定相続人とはどんな人?土地の相続と法定相続人について   記事一覧   日頃の疲れをマッサージで癒やしたい!霧島市でおすすめのマッサージ店は?|次へ ≫
カテゴリ:「土地売買」のプロとして

土地活用として駐車場経営はアリ?パターンとメリットデメリットを解説

何もない空き地として所有する土地があるのであれば、なんらかの投資に活用してみるのはいかがでしょうか。
この記事では、土地活用術の1つである駐車場経営について、考えうるパターンやメリットデメリットを解説しています。
使っていない土地がある方はぜひ参考にしてみてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

土地活用は駐車場経営がベスト?まずは駐車場のパターンを整理しよう

低予算で始められるため、駐車場経営は土地の活用法として人気です。
そのため、相続などで思いがけず土地を手にした、またこれから土地を使った投資を検討しているという人なら一度は考えたことがあるでしょう。
経営する駐車場の種類としては2パターンあります。

パターン①月極(つきぎめ)駐車場

1つ目のパターンは月極駐車場です。
借り手を募り、土地を月単位で駐車場として貸します。

パターン②コインパーキング

2つ目のパターンはコインパーキングです。
車通りの多い場所はもちろんのこと、民家の密集する場所であってもある程度の需要が見込めるでしょう。
いずれも自分で一から準備を進めることが可能です。
しかし、月極駐車場なら不動産業者、コインパーキングならコインパーキング業者など、募集の窓口やノウハウを持っている専門業者に管理を依頼するケースが大半です。

土地活用の手段として駐車場経営をするメリットデメリットとは?

駐車場経営の大きなメリットは、初期コストの低さと、土地をフレキシブルに使いまわせる手軽さです。
一方、デメリットは収益が安定しづらく、節税対策としては効果を発揮しない点です。

メリット①駐車場は簡単な工事でも運営可!

たとえば、コンクリートやアスファルトを敷き直さずとも、砂利を敷き詰めるだけでも駐車場は完成します。
つまり簡単な工事のみで駐車場経営をはじめられるのです。

メリット②駐車場を始めるための大規模な工事も不要だから次の活用もしやすい

駐車場経営は簡単に始められる分、辞めるのも容易です。
建物を建てるわけではないので、撤去に大掛かりな工事を必要としません。
つまり、駐車場として使っていた土地になにかを建てようとした際にも手続や各種工事が少なく済むのです。

デメリット①駐車場は借り手・利用者が付かないことには収益化が難しい

手軽に始められて何かと便利な駐車場ですが、場所によってはそこまで大きな収益性が上がりにくいのも事実です。
たとえば、住宅街の中にあるコインパーキングであれば認知されるまでに時間がかかることがあります。
月極駐車場も借り手に穴が開けば、その期間の収入はゼロです。

デメリット②駐車場に節税対策の力はない

残念ながら、税金にまつわる諸制度を見ても駐車場経営によって節税になるものはありません。
あくまで、何もしない土地をそのまま置いておくくらいなら駐車場にしたほうが良い、というくらいに考えておきましょう。

まとめ

駐車場経営は誰でも比較的簡単に始められるので、何もしていない土地があるのであればぜひ検討してみてください。
ただし、場所にもよりますが収益性には劣ることも忘れてはなりません。
しっかりと収入を得たいのであれば別の方法も検討する必要があります。
土地売買専門のサン・スター株式会社は不動産売買情報を取り扱っております。
土地売買についてご相談などがございましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|法定相続人とはどんな人?土地の相続と法定相続人について   記事一覧   日頃の疲れをマッサージで癒やしたい!霧島市でおすすめのマッサージ店は?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る