サン・スター株式会社 > サン・スター株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 土地の購入に住宅ローンは利用できる?融資を受ける際の流れや注意点も解説

土地の購入に住宅ローンは利用できる?融資を受ける際の流れや注意点も解説

≪ 前へ|不動産登記時に発生する登録免許税とは?登記の種類についても解説   記事一覧
カテゴリ:「土地売買」のプロとして

土地の購入に住宅ローンは利用できる?融資を受ける際の流れや注意点も解説

不動産は総じて高価であり、土地のみの購入でも多額の資金が求められます。
住宅ローンを利用できると便利ですが、土地だけを買う際にも活用できるのか、不安なところではないでしょうか。
そこで今回は、土地のみの購入にも住宅ローンは使えるのかと、融資を受ける際の流れや注意点も解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

土地の購入に住宅ローンは使える?

住宅ローンは、マイホームの建築を前提とするなら土地の購入にも使えます。
しかし、実際に融資がされるのは建物の完成後のため、土地の取得は自己資金で一旦おこなわないといけません。
そこまでの予算を自力で用意できないケースは多いので、つなぎ融資や土地先行融資などがよく活用されています。
つなぎ融資とは、住居の完成までにかかる土地の購入代金やそのほかの建築費用などに使えるローンです。
土地先行融資も土地の購入時に活用できるローンですが、住居の建築に関する費用にはあまり使えません。
土地の購入資金を借りたいときは、住宅ローンとあわせて上記のような融資もご利用ください。
なお、マイホームの取得と関係ない土地の購入には住宅ローンが基本的に使えないので注意が必要です。

土地の購入にローンを使う際の流れ

土地の購入のために借りられる金額は、当該土地の評価額によって決まるので、まずはどれだけの価値があるのかを調べます。
土地の評価額と一口にいっても、公示地価・基準地価・路線価といった複数の基準があるので、それぞれを確認して最適な価値を見積もることが大事です。
購入する土地の選定と評価額の調査が終われば、売主に買付証明書を提出します。
そして今後利用する予定の住宅ローンの審査もこの段階で受け、借り入れ可能額などを調べます。
建築予定の住居の図面なども必要ですので、もれなく準備しておきましょう。
そして土地の売買契約の締結が終われば、土地購入にローンを利用する流れは完了です。

土地の購入にローンを使う際の注意点

地面がもろい、周辺環境が良くないなど、住居の建築に不向きな土地も少なくありません。
借り入れをして土地を取得する以上、手に入れたあとで問題が発覚して困ることがないよう、事前にしっかり調査しておきましょう。
土地の情報は現在インターネットで調べられますが、現地に足を運んだり、売主から直接話を聞いたりすることも重要です。
候補の土地に関して把握できたさまざまな情報を総合的にみて、購入するかどうかを決めてください。
このほか、土地の購入に使えるつなぎ融資や土地先行融資は、住宅ローンに比べて金利がやや高いです。
問題なく返済できるか、事前によくシミュレーションしておきましょう。

まとめ

住居の建築を前提とするなら土地の購入にも住宅ローンが使えますが、融資のタイミングは建物の完成後になるので、他の借り入れがあわせてよく使われます。
融資を受けるにあたり、土地の評価額を調べるといった流れのほか、問題のある物件でないか事前に調べるなどの注意点を押さえることが重要です。
私たちサン・スター株式会社は姶良市、霧島市を中心に土地をご案内しています。
土地探しの際は、弊社までぜひご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産登記時に発生する登録免許税とは?登記の種類についても解説   記事一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る