サン・スター株式会社 > サン・スター株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 土地を生前贈与する際の名義変更手順や相続時精算課税制度について

土地を生前贈与する際の名義変更手順や相続時精算課税制度について

≪ 前へ|霧島市にあるおすすめのパーソナルジム2選をご紹介!   記事一覧   食文化に関するユニークな取り組み!霧島市の霧島ガストロノミーとは|次へ ≫

土地を生前贈与する際の名義変更手順や相続時精算課税制度について

これから土地の相続をお考えの際に、税金対策として「生前贈与」を検討されている方もいらっしゃることでしょう。
生前贈与は土地を親から子などへ引き継ぐ際にも活用できますが、名義変更するにはさまざまな書類の提出や手続きをおこなわなければなりません。
この記事では、これから霧島市や姶良市で土地の生前贈与をお考えの方向けに、名義変更の手順や、税金対策として活用できる相続時精算課税制度について解説していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

土地を生前贈与する際の名義変更手順とは?

土地を生前贈与する際に名義変更するには、所有する側と受け取る側が一緒に手続きをおこなわなければなりません。
名義変更にかかる手順は、書類を作成し申請の流れとなりますが、登記申請や戸籍謄本などの複数の書類が必要となり、司法書士に依頼する場合は手続きにかかる費用が発生します。

生前贈与の名義変更で必要となる書類

土地の生前贈与で必要となる書類は以下の通りとなり、代理人が手続きをおこなう場合は委任状も必要となります。

●登記申請書
●贈与者の印鑑証明書
●相続人・被相続人すべての戸籍謄本
●相続人の住民票
●土地の固定資産評価証明書
●相続関係説明図

土地の名義変更を司法書士に依頼する際にかかる費用

名義変更の手続きを司法書士に依頼する場合は、生前贈与では30万円ほどの費用がかかります。
条件によっても異なりますが、簡単な手順で申請したい場合は依頼を検討してみましょう。

土地の生前贈与で名義を変える際に知っておきたい相続時精算課税制度

所有する土地を生前贈与するには贈与税がかかりますが、贈与税は受け取る側の負担が増えるケースも多いため、「相続時精算課税制度」を検討してみましょう。
相続時精算課税制度とは、60歳以上の親などから20歳以上の子などへの生前贈与で利用できる制度で、2,500万円までの特別控除が受けられます。
限度額までなら何度でも控除が受けられますが、2,500万円を超えた場合は、超えた額に対して20%が課税されますので注意しておきましょう。
この制度を活用することで、贈与時に軽減された贈与税を支払い、その後に相続が起こった際は、贈与額と相続額を合計した税額から支払い済みの贈与税が精算される手順となります。

おすすめ|お問い合わせ

まとめ

所有する土地を生前贈与する際は名義変更が必要となり、必要書類を準備する必要があります。
贈与税は受け取る側に負担がかかるため、減額したい場合は「相続時精算課税制度」の制度を活用してみてはいかがでしょうか。
サン・スター株式会社は、鹿児島県姶良市・霧島市を中心に土地の売買を行っております。
不動産に関するお問い合わせは、ぜひ弊社までお気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|霧島市にあるおすすめのパーソナルジム2選をご紹介!   記事一覧   食文化に関するユニークな取り組み!霧島市の霧島ガストロノミーとは|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る