サン・スター株式会社 > サン・スター株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 土地活用としての「アパート経営」の特徴とは?安定した経営を続けるために!

土地活用としての「アパート経営」の特徴とは?安定した経営を続けるために!

≪ 前へ|土地だけの所有にかかる維持費の内訳や適用可能な軽減措置とは?   記事一覧   姶良市にあるおすすめのペットショップ2選|次へ ≫
カテゴリ:「土地売買」のプロとして

土地活用としての「アパート経営」の特徴とは?安定した経営を続けるために!

土地活用の中でも人気の「アパート経営」は節税効果も高いといわれるため、検討されている方も多いでしょう。
初期費用として建設費がかかりますが、土地を所有している場合、比較的余裕のある資金計画を立てることが可能です。
安定したアパート経営のために 知っておくべきメリットとデメリットについて解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

アパート経営のメリットとは?土地活用の中でも選ばれる理由

節税効果が高い
住居用の建物を建てた場合、減税措置が適用されます。
アパートの規模にもよりますが、固定資産税は200㎡までは通常の1/6、200㎡を超えた場合は通常の1/3に、都市計画税(市街化区域の場合)は200㎡までは1/3、200㎡超は2/3に減税されるので、大きな節税効果を期待できます。
また、不動産所得はほかの所得との損益通算ができるため、不動産所得が赤字になってしまった場合、給与所得から差し引いて納税額を算出でき、所得税の減税ができます。

安定した収入が見込める
入居者が入っている限り、安定した収入を毎月得ることができます。

用途地域に対する対応性が広い
アパートは低層構造であることから、都市計画法の制限を受けることが少ないため、工業専用地域以外なら建築可能です。

資産が残る
ローンの支払いが終われば、手元にお金を残すことができます。
老後の年金代わりとして保有し、いざとなれば売却することもできます。

長期的な視点が必要!アパート経営で土地を活用するデメリット

投資額が高い
物件の規模や土地の有無にもよりますが、新築のアパートを建てる場合、数千万円の初期費用がかかります。
アパートローンを組んで建築するケースが多いですが、ある程度の自己資金を入れるなど、しっかりとした返済計画を立てましょう。

空室リスクがある
大規模なマンションに比べて戸数が少ないため、空室が出ると大きな収益ダウンにつながります。
空室対策はもちろんですが、アパートを複数棟所有して総戸数を増やすなど、リスク対策をおこないましょう。

経年劣化による修繕やメンテナンス費用が必要になる
アパートは木造や軽量鉄骨による構造なので、RC構造などに比べると耐震性や耐久性において劣ることも考えられます。
したがって、災害リスクや経年劣化などによる修繕も視野に入れておきましょう。

転用性が低い
賃貸アパートは入居者に借家権が発生するため 転用性が低く、それ以外の土地活用法に変更するのは難しいといえます。

まとめ

アパート経営は20~30年を見越した長期経営が前提となります。
しかし人口は減少傾向にあるため、住宅のニーズの減少も考えられます。
高齢者向けバリアフリーの物件を計画するなど、「どのような層をターゲットにするのか」「将来的に対象を変えても転用できるか」など、フレキシブルな観点で経営をとらえましょう。
私たちサン・スター株式会社は姶良市、霧島市を中心に土地をご案内しています。
土地探しの際は、までぜひご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|土地だけの所有にかかる維持費の内訳や適用可能な軽減措置とは?   記事一覧   姶良市にあるおすすめのペットショップ2選|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る