サン・スター株式会社 > サン・スター株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 土地活用のためにアパート建て替えを!スムーズな立ち退き交渉法は?

土地活用のためにアパート建て替えを!スムーズな立ち退き交渉法は?

≪ 前へ|本をお探しの方に知ってほしい!姶良市のおすすめの本屋をご紹介   記事一覧   土地活用のメリットとは?斜面の土地でも賢く活用できるって本当?|次へ ≫
カテゴリ:「土地売買」のプロとして

土地活用のためにアパート建て替えを!スムーズな立ち退き交渉法は?

土地活用のために所有しているアパートが古くなってきて入居者も次々減ってくると、建て替えを検討するようになります。
そのままだと新しい入居者が見つからず、建物の老朽化も気になってくるため、なるべくスムーズに建て替えができるようにしなければなりません。
今回は、アパート建て替えの際に現在の入居者へ立ち退きを依頼する方法や注意点についてまとめました。

弊社へのお問い合わせはこちら

アパート建て替えで土地活用!立ち退きをスムーズにおこなう方法は?

現在の入居者に対する立ち退き対応は慎重におこなわなければなりません。
住む場所が突然なくなるのは誰にとっても大きなショックであり、タイミングや交渉の仕方によっては、大きなトラブルに発展することも考えられます。
立ち退きをスムーズにおこなう方法としては、アパートの入居者が2割程度まで減ったタイミングを狙うのがおすすめです。
部屋が半分以上埋まっている状態で立ち退きを依頼するのは、交渉の難航を招くことになるでしょう。
最低でも半年~1年前から交渉を開始し、引っ越し先を見つけられるだけの十分な時間を取れるようにしてください。
入居者が高齢者の場合などは自分で引っ越し先を見つけるのが困難なため、アパートのオーナーが探してくる必要があります。
また、引っ越しにかかる費用や入居者への補償料として立ち退き料を支払うこともあるため、相場を調べたり入居者に金額を交渉したりしておきましょう。
立ち退き交渉がうまくいかない場合は裁判を起こすことも可能ですが、できれば避けたいはずです。
そんなときは、弁護士などの専門家に立ち退き交渉業務を依頼する方法も検討してみることをおすすめします。

アパート建て替えで土地活用!立ち退き交渉をおこなう際の注意点

物件の貸し借りをおこなう際には、借地借家法という法律が関係しています。
この法律は借りる側にとって有利な内容となっており、たとえ契約期間が満了を迎えても強制的に退去させられないという注意点があります。
そのため、アパート建て替えのために立ち退きを依頼する際には、正当な理由が必要です。
そのことを踏まえた上で立ち退き交渉をおこなうようにしましょう。
交渉の仕方によっては、立ち退き料を支払っても納得してもらえず、大きなトラブルに発展するケースもあります。
そのようなことにならないよう、普段から入居者との信頼関係をしっかりと築いておくことが大切です。

まとめ

老朽化が進み、入居者がほとんどいなくなったアパートを所有していても有効な土地活用はできないため、タイミングを見て建て替えを検討するのは必要なことです。
スムーズな立ち退き交渉ができるよう、専門家に相談するなどして早めに準備をしておくとよいでしょう。
土地売買専門のサン・スター株式会社は不動産売買情報を取り扱っております。
土地売買についてご相談などがございましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|本をお探しの方に知ってほしい!姶良市のおすすめの本屋をご紹介   記事一覧   土地活用のメリットとは?斜面の土地でも賢く活用できるって本当?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る