サン・スター株式会社 > サン・スター株式会社のスタッフブログ記事一覧 > ガレージハウス経営とは?土地をうまく活用する注目の方法を解説

ガレージハウス経営とは?土地をうまく活用する注目の方法を解説

≪ 前へ|土地活用として介護施設を選ぶメリットとデメリット!安定した施設経営のためには?   記事一覧   霧島市国分駅周辺の住みやすさを紹介!買い物スポットや治安の良さは?|次へ ≫
カテゴリ:「土地売買」のプロとして

ガレージハウス経営とは?土地をうまく活用する注目の方法を解説

空き地を活用する際、マンションなどを建てて賃貸物件とするのが定番ですが、ガレージハウスを経営するのも1つの方法です。
一般的な戸建てや集合住宅にはない特徴があり、高収益を得られる可能性があります。
ここでは土地の活用を検討されている方に向け、ガレージハウス経営の基本や特徴をご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

土地を有効に活用しよう!ガレージハウスの経営とは何?

そもそもガレージハウスとは、海外のドラマや映画などでしばしば登場する、大きな車庫が住宅内にある物件のことです。
愛車を家のなかに持ち込め、自動車やバイクと生活をともにできる点が大きな魅力です。
自動車やバイクの愛好家からは非常に好まれ、自宅としてはもちろんのこと、趣味を楽しむ別荘として利用されることもあります。
日本国内でも需要はあるので、ガレージハウスを建てて借り手を募集し、家賃収入を得ることも可能です。
それがガレージハウスの経営であり、余っている土地を活用したいときにもおすすめです。

土地の活用にあたり知りたいガレージハウス経営のメリットデメリット

ガレージハウスのメリットは、一般的な戸建てや集合住宅よりも収益を上げやすいことです。
数が一般的に少ない物件なので、自動車やバイクの愛好家からすぐに入居されやすく、空室にあまり悩まされません。
また、趣味を楽しむ別荘としての利用を想定し、物件の設備を充実させれば、家賃も高めに設定できます。
このように収益性が高いほか、ガレージハウスは建築費が比較的かかりません。
入居者からは車庫の広さや造りなどが重視されやすく、居住スペースが最低限で済むことが多いのです。
さらに、自動車やバイクの所有者が主な借り手なので、立地もあまり重視されず、駅やスーパーから離れた土地でも十分な需要を見込めます。
それでいて人が居住する賃貸物件であるため、空き地や駐車場に比べて不動産への課税額を抑えられるのです。
デメリットは、やはり建物を建築するので、コインパーキングといった駐車場などに比べると、ガレージハウスは初期費用がかさむことが挙げられます。
高収益を得やすいとはいえ、経営開始から2~3年で元手を回収できるほどではなく、10年以上の運用は必要です。
それゆえに経営開始後の見通しをしっかり立てようにも、既存の物件の少なさから市場にも運用データがあまりなく、将来の予測が簡単ではありません。
さらに、住宅内に車庫がある特殊性の高さから、主要なターゲットをうまく取り込めないと、借り手の確保に通常より苦労する点にも注意が必要です。

まとめ

ご紹介したように、土地を活用したいときは住宅内に駐車スペースのあるガレージハウスを経営するのも1つの方法です。
注意したいポイントはあるものの、うまくいけば高収益を得られるなど魅力もあるので、一度検討してみるのもいいでしょう。
サン・スター株式会社は、鹿児島県姶良市・霧島市を中心に土地の売買を行っております。
不動産に関するお問い合わせは、ぜひ弊社までお気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|土地活用として介護施設を選ぶメリットとデメリット!安定した施設経営のためには?   記事一覧   霧島市国分駅周辺の住みやすさを紹介!買い物スポットや治安の良さは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る