サン・スター株式会社 > サン・スター株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 土地だけの所有にかかる維持費の内訳や適用可能な軽減措置とは?

土地だけの所有にかかる維持費の内訳や適用可能な軽減措置とは?

≪ 前へ|鹿児島県霧島市でおすすめの本屋をご紹介!   記事一覧   土地活用としての「アパート経営」の特徴とは?安定した経営を続けるために!|次へ ≫
カテゴリ:「土地売買」のプロとして

土地だけの所有にかかる維持費の内訳や適用可能な軽減措置とは?

土地活用を目的に、土地の購入を検討されている方もいらっしゃるでしょう。
たしかに土地は一生の資産となり、活用方法によっては大きな利益を生み出します。
しかし一方で、所有しているだけでさまざまな費用が発生することも、理解しておかなくてはなりません。
この記事では、土地だけの所有にかかる維持費の内訳と、適用できる軽減措置について解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

土地だけの所有にかかる維持費の内訳とは?

土地だけの所有にかかる維持費の内訳は以下のとおりです。

●固定資産税
●都市計画税
●維持するための管理費


まず固定資産税とは、土地や建物などの固定資産に課せられる税金です。
税率は土地が所在する自治体によって異なるものの、多くの自治体では税率1.4%を適用しており、「課税標準×1.4%」の計算で税額を求められます。
そして固定資産税とセットで徴収されるのが、都市計画税です。
都市計画税とは、都市計画事業や土地区画整理事業の費用に充てるための税金で、その税額は「課税標準×0.3%」で計算できます。
上記どちらの計算にも使われる課税標準ですが、これは固定資産評価額を指しており、自治体が査定しているものです。
時価のおよそ7割と考えて差し支えありません。
また、維持するための管理費には、水まきや草刈の際にかかる水道光熱費や、土壌を保持するための費用などが含まれます。
自分での管理が難しく管理会社に管理を委託する場合には、管理委託費用の支払いが必要です。
こうしたすべての費用を合計すると、土地の維持費は年間で平均約30万円にも及ぶといわれています。

土地だけの所有にかかる維持費に適用可能な軽減措置とは?

土地を所有しているだけで課税される固定資産税と都市計画税ですが、その土地の上に住宅が建っている場合には軽減措置が適用されます。
具体的な内容としては、1戸につき土地が200㎡までであれば、固定資産税評価額が6分の1(都市計画税は3分の1)まで、200㎡を超えた部分に関しては、3分の1(都市計画税は2分の1)まで軽減されるというものです。
土地の維持費の多くを占める2つの税金ではありますが、こうした軽減措置についてくわしく理解することで、維持費の負担が少ない土地活用につなげられるでしょう。

まとめ

土地だけの所有にも、固定資産税や都市計画税、土地の管理費など、年間30万円ほどのさまざまな維持費が発生します。
土地の所有を希望する際は、こうした維持費がかかることを認識したうえで計画を立てましょう。
また、軽減措置についても理解を深め、有効な土地活用で維持費の軽減を目指してください。
サン・スター株式会社は、鹿児島県姶良市・霧島市を中心に土地の売買を行っております。
不動産に関するお問い合わせは、ぜひ弊社までお気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|鹿児島県霧島市でおすすめの本屋をご紹介!   記事一覧   土地活用としての「アパート経営」の特徴とは?安定した経営を続けるために!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る