サン・スター株式会社 > サン・スター株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 幹線道路沿いの土地活用としてロードサイド店舗経営をするメリットとデメリットとは?

幹線道路沿いの土地活用としてロードサイド店舗経営をするメリットとデメリットとは?

≪ 前へ|余った土地を有効活用!医療施設を経営するメリットとデメリットとは?   記事一覧   戸建て賃貸経営による土地活用の特徴とメリット・デメリットを解説|次へ ≫
カテゴリ:「土地売買」のプロとして

幹線道路沿いの土地活用としてロードサイド店舗経営をするメリットとデメリットとは?

その土地の状況に合った方法を見出せるかが重要なポイントとなる土地活用ですが、幹線道路沿いの土地活用ではどんな方法なら利益が出せるのかお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は、幹線道路沿いの土地活用を考えている方への参考情報として、ロードサイド店舗経営のメリットとデメリットをご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

幹線道路沿いの土地活用としてロードサイド店舗経営を選択するメリット

幹線道路沿いの土地活用としてロードサイド店舗経営を選択することで得られるおもなメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

駅から離れた立地でも収益が見込める
店舗経営は基本的には駅からのアクセスが不便だと不利になりやすいですが、車での来店を基本とするロードサイド店舗なら駅から離れた場所であっても収益が見込めます。

アパートやマンション経営よりも維持管理が楽
土地活用の方法としてアパートやマンション経営を選ぶとその維持管理に相当な手間や費用がかかって大変ですが、ロードサイド店舗は建物の「管理区分」をテナントに割り振って、テナントの維持管理は各テナントがする、というやり方が一般的なので、地主にかかる維持管理業務の負担が非常に少なくなります。

自分で店舗経営をしなくてすむ
ロードサイド店舗といっても自分で店舗経営をするわけではなく、店舗経営は各テナントがおこなう形になるので、店舗経営にかかる手間なども心配しなくて良いでしょう。

幹線道路沿いの土地活用としてロードサイド店舗経営を選択するデメリット

幹線道路沿いの土地活用としてロードサイド店舗経営を選択することにはいくつものメリットがありますが、その反面、以下のようなデメリットもあります。

幹線道路沿いの土地ならどこでも使えるというわけではない
ロードサイド店舗経営の最大のネックは土地条件の厳しさです。
交通量が多い幹線道路であることが必要なのはもちろんのこと、誘致するテナントと競合するところが周りにどのくらいあるかなどによっても収益が見込めそうかどうかは変わってきます。

テナントの誘致が難しい
ロードサイド店舗経営は「この土地に出店したい」というテナントが出ないかぎり成立しないので、テナント誘致は意外に難しいでしょう。

テナントの撤退リスクがつきまとう
各テナントに店舗経営を任せられるというメリットはあるものの、その店舗経営がうまくいかなかったテナントは撤退してしまうというリスクがあります。
撤退しにくいよう違約金で縛るという方法もありますが、これをやるとテナント誘致がますます難しくなるというデメリットも発生します。

まとめ

今回は幹線道路沿いの土地活用の方法のひとつであるロードサイド店舗経営について、おもなメリットとデメリットをご紹介しました。
メリットだけでなくデメリットもしっかり理解したうえで、ロードサイド店舗経営という選択肢をとるかどうかを慎重に考えましょう。
私たちサン・スター株式会社は姶良市、霧島市を中心に土地をご案内しています。
土地探しの際は、弊社までぜひご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|余った土地を有効活用!医療施設を経営するメリットとデメリットとは?   記事一覧   戸建て賃貸経営による土地活用の特徴とメリット・デメリットを解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る