サン・スター株式会社 > サン・スター株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 戸建て賃貸経営による土地活用の特徴とメリット・デメリットを解説

戸建て賃貸経営による土地活用の特徴とメリット・デメリットを解説

≪ 前へ|幹線道路沿いの土地活用としてロードサイド店舗経営をするメリットとデメリットとは?   記事一覧   遠方の不動産土地を売却するための各種契約方法と注意点を解説|次へ ≫
カテゴリ:「土地売買」のプロとして

戸建て賃貸経営による土地活用の特徴とメリット・デメリットを解説

最近では、戸建ての需要が高まりつつあるために、戸建て賃貸経営による土地活用が注目されています。
税金対策などで、土地活用を検討している方も多いのではないでしょうか。
そのような方向けに、この記事では戸建て賃貸経営による土地活用の特徴と、メリット・デメリットをご紹介します。
ぜひ、自分に合った土地活用を考える際の参考にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

戸建て賃貸経営による土地活用の特徴とは

戸建て賃貸経営とは、相続などによって取得した土地に、自分が住むためではなく賃貸用に住宅を設けて、家賃収入を得る土地活用のひとつです。
これまでの戸建て賃貸は、転勤や出張といった理由で一時的に貸し出したり、住み替え後に売却せず中古戸建て賃貸として貸し出したりするケースが多く、中古物件がほとんどでした。
しかし、空き地のままで所有していても固定資産税や都市計画税などの費用がかかるばかりなので、空き地の有効活用として、新築の戸建て賃貸経営をおこなう方が増えています。
その大きな特徴としては、家賃収入の安定性が挙げられます。
近年、戸建ての需要が高いことから、マンションやアパートの賃貸に生じるような空室のリスクは低いです。
戸建ての需要の高さは、生活音にそれほど気を使う必要がない、ペットを自由に飼育できる、庭のある生活ができるなどの理由が要因となっています。

戸建て賃貸経営による土地活用のメリット・デメリット

戸建て賃貸経営のメリットとしては、まず狭小地や変形地であっても建築可能な点が挙げられます。
アパートやマンションの建設にはある程度の広さや整った形の土地が必要ですが、戸建て賃貸であればその必要性は低くなります。
所有する土地の広さ、形、立地を最大限に活かした物件をつくれるためです。
また、比較的入居期間が長いのもメリットといえるでしょう。
戸建て賃貸は基本的にファミリー層向けなので、お子さまが小学校や中学校を卒業するまでは引っ越さないケースも多いです。
長く住んでもらえれば、その期間の空室は発生しないので、収益性が高くなります。
一方で、収支プランをしっかり立てておかないと、収益性が低くなってしまうのがデメリットです。
建築費が安く済んだとしても、間取りが大きすぎて賃料単価が低くなると、利回りは落ちてしまいます。
建物の大きさは一定の規模に抑えて賃料単価を維持しつつ、建築費の単価も安く抑えるという、両方からアプローチしたプランニングが必要です。
収支のシミュレーションをしながら、最適なプランを選ぶようにしましょう。

まとめ

以上、土地活用のひとつである戸建て賃貸経営について、その特徴とメリット・デメリットをご紹介しました。
建設の柔軟性や収入の安定性などメリットも多い一方で、プランニングを誤ると利回りが落ちてしまうデメリットがあります。
両面を考慮して、自分に合った土地活用を検討しましょう。
サン・スター株式会社は、鹿児島県姶良市・霧島市を中心に土地の売買を行っております。
不動産に関するお問い合わせは、ぜひ弊社までお気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|幹線道路沿いの土地活用としてロードサイド店舗経営をするメリットとデメリットとは?   記事一覧   遠方の不動産土地を売却するための各種契約方法と注意点を解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る