サン・スター株式会社 > サン・スター株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 太陽光発電は土地の活用方法として有効!メリットや初期費用は?

太陽光発電は土地の活用方法として有効!メリットや初期費用は?

≪ 前へ|霧島市の「上野原遺跡」がある歴史スポット「上野原縄文の森」とは?   記事一覧   霧島市にあるおすすめの温泉2選!入浴から宿泊まで楽しめる施設を紹介|次へ ≫
カテゴリ:「土地売買」のプロとして

太陽光発電は土地の活用方法として有効!メリットや初期費用は?

相続などで郊外の土地を所有することになった場合、活用方法のひとつに太陽光発電があります。
もちろんデメリットや注意点もありますが、うまくいけば長期的な収入が得られるため、詳しく確認しておくと良いでしょう。
今回は、太陽光発電で土地活用をするメリットやデメリット、初期費用や収益性について詳しくご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

土地活用に太陽光発電を選ぶメリットとは?

土地活用の方法としてアパート経営や駐車場経営などが思いつきますが、郊外だと集客が見込めないので経営がうまくいかない可能性が高いです。
そこで、郊外の土地活用法としておすすめされることが多いものに、太陽光発電が挙げられます。
不動産経営との大きな違いは、集客の必要がないことです。
アパート経営や駐車場経営は利用者がいないと成り立ちませんが、太陽光発電はシステムさえ導入してしまえば比較的安定した収入が入ってきます。
「空室ができてしまう」というリスクに怯えることもないため、精神的にも安定した状態で土地活用を進めていけるのです。
また、建物を建てることが制限されている土地だとアパート経営は難しくなりますが、太陽光発電の場合は土地に制限がくわわることはないため、そういった面でも安心して始められるでしょう。
ただし、高額な初期費用がかかること、そして初期費用分を回収するまで10年以上かかる可能性があることなどのデメリットもあります。

土地活用に太陽光発電を選んだ場合の初期費用と収益性は?

太陽光発電を始めるにあたって、初期費用がどのくらいかかるのか、収益性はどの程度あるのかは重要なポイントです。
まず、初期費用については、太陽光パネルの購入費用が1枚につき10万円~30万円、設置工事費用が最大で数千万円かかります。
また、発電した電気を電力会社に売るための環境を整えるためにかかる系統連系負担金と、整地費用がそれぞれ数万円~数十万円必要です。
それにプラスして維持・管理費が年間15万円以上かかるため、回収できるだけの収益が見込めるのか不安に感じる方も多いでしょう。
そのため、太陽光発電の収益性についても確認しておく必要があるのです。
太陽光発電は不動産経営などに比べて利回りが高く、平均10%前後の利回りが期待できます。
そういった面でもリスクの少ない土地活用法といえるでしょう。

まとめ

郊外の土地をどう活用すべきか迷ったときは、太陽光発電を検討してみると良いでしょう。
初期費用は高額ですが、始めてしまえば長く安定した収入が得られるため、リスクが少ないのが魅力です。
デメリットもきちんと確認した上で、経営を始めるべきか慎重に検討してください。
土地売買専門のサン・スター株式会社は不動産売買情報を取り扱っております。
土地売買についてご相談などがございましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|霧島市の「上野原遺跡」がある歴史スポット「上野原縄文の森」とは?   記事一覧   霧島市にあるおすすめの温泉2選!入浴から宿泊まで楽しめる施設を紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る